この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

103日目 AM 11:31

Cataclysmのプレイ日記を始めます。高層マンションのB棟2階を制圧しました。まだA棟とC棟には盗賊が残っているんだけどね。今回の投稿はB棟3階の攻略に着手します。

現在の戦場です

現在地はB棟2階にある上り階段だ。画像を見てわかるとおりA棟とC棟は未探索のままです。作戦を思いついたのでB棟のみを攻略することにした。

現在の全体マップです

現在地を全体マップで見ると上の画像になる。とくにコメントはありません。一刻も早く屋上に行って捕虜を救いたい。つーか、屋上は何階なんだろうか。

光増幅モードとCBMをオンにしました

3階に上がっていきなり銃器を持ったNPCに囲まれたら殺されてしまう。まずは『X』コマンドを使って敵が待ち構えていないか調べます。忘れないうちに光増幅モードと銃弾回避用のCBMをオンにしておこうぜ。

高層マンション:3階

『X』コマンドで3階を覗いた時の俺は上の画像。視界内に盗賊はいません。廊下は真っ暗だし何の危険もなく探索を開始できそうだ。

現在の全体マップです

念のために3階の全体マップを見ることにする。階段を上った直後は地図が作成されません。どうやら近くに2体の敵対NPCがいるようだね。

高層マンション:2階

『X』コマンドを解除して2階に戻ってきました。とくに戦闘準備はしないで、このまま3階に行きましょう。2階から回収したランチャーと催涙弾はいらないかな。人工暗闇発生装置があれば充分だ。

高層マンション:3階

というわけで高層マンションの3階に上がり暗闇の廊下を歩きます(上の画像)。まずは階段を一周しながら偵察しようかな。階段の周囲は暗いからCBMに頼らなくても敵の数を減らすことができます。

南東にて敵対NPCと遭遇しました

階段の周りを歩いたけど敵の姿が見つかりません。暗い廊下から明るい部屋の敵にレーザーを撃ちまくるのが必勝の戦法なのにね。そろそろ一周するぞと困っていたら南東にて1体のNPCを発見しました。

NPC:カデン・フローレス, 盗賊

発見したカデン・フローレスの武器はクロスボウだった。マニアックな射撃武器を装備していやがる。盗賊との距離は6タイルあります。これだけ離れていれば奴から俺の姿は見えません。

カデン・フローレスと和解しました

カデン・フローレスとは話し合いで和解しておいたよ。階段を一周しながら撃破できた盗賊はこいつだけだ。3~4体は減らしたいと思っていたので悔しい。

現在の全体マップです

全体マップが生成されたので敵の位置と数を確認しましょう。現在地から西に進むと2体の盗賊がいるようだ。他にB棟を徘徊している盗賊は・・・いない!もしかしたらB棟3階に残っている盗賊は2体だけかもしれない!

B棟3階の盗賊は残り2体です

赤い四角で囲んだ場所が俺のいるB棟です。どうやらB棟にいる盗賊は『ソフィー・ロビンソン』と『ジェイデン・ロドリゲス』の2人だけみたい。先ほど倒したカデン・フローレスを加えて3人しか盗賊がいなかったのです。たぶん盗賊の配置に偏りがありA棟とC棟に多くの盗賊が生成されたのだろう。盗賊は均等に配置されるわけではないのか。

2体の盗賊を倒しに行きます

盗賊は少ないけど罠が多かったりするかもしれない。油断せずに慎重に進みましょう。残り2体の敵はタロウ・タナカから見て南の明るい部屋にいるはずだ(上の画像)。B棟の西側において未探索の部屋はここだけだからな。

人工暗闇発生装置を稼働させました

無策で明るい部屋に入るのは怖い。フルオートのライフルで撃たれたら確実に瞬殺されるからね。前回の投稿で活躍した『CBM:人工暗闇発生装置』を稼働させましょう。このCBMを使えば2体の盗賊など余裕で蹴散らせる。

部屋の入口で温血動物と遭遇しました

とりあえず部屋の入口に進んで『X』コマンドを使おうとするも敵と遭遇してしまった。入口の付近に温血動物がいるじゃないか。敵との距離が近すぎて怖くなってきた。人工暗闇発生装置が稼働しているけど接近しすぎると発見されるんじゃないの?

敵の武器はわかりません

敵の武器がライフルなのか知りたい。だけど人工暗闇発生装置を稼働させていると相手の装備がわからないんだよ。だがしかし、敵の武器など知る必要はなかったのだ。たとえ温血動物が大口径ライフルを装備していても必ず勝てる戦法があった。

この位置からレーザーを撃ちます

まずは北に移動して敵から距離を取る。その後にレーザーでコンクリートの壁を壊せば遠距離から安全に倒せるのです。しかしながら、俺の選んだ戦法はその場でレーザーを撃つというものだった。1ターン待機しても敵が怒らなかったのでそのまま撃ち倒せると考えたのだ(その1ターン待機が危険なのに)。

温血動物を撃破しました

誤ってレーザーが壁にぶつかるというハプニングが起きるも温血動物の討伐に成功する。下手なプレイを自分で見返すと落ち込むなあ。慢心や自分勝手な思い込みは死に直結すると変愚蛮怒で学んだはずだろう。

部屋の中は家具が沢山ありました

まあいいや、無事に勝てたので嫌なことは忘れようぜ。近くに最後の1体の盗賊が潜んでいるはずだ。部屋の中に入って調べてみたけど視界内にはいません。

薪ストーブ

やたらと明るいタイルがあったので調べたら薪ストーブだった(笑)。季節は夏なのにどこの馬鹿が薪ストーブなんて使用しやがった。迷惑なことに部屋の気温が22度に上がっています(笑)。つーか、この高層マンションって家具が充実しているよね。西の高層マンションなんて役に立つ家具は存在しなかったよ。

最後の盗賊を発見しました

最後の盗賊を発見したのだがピンチです。部屋のドアを開けたらいきなり現れたのだ。ドアなんて真面目に開けずにレーザーで破壊すれば良かったのに!ここまで近いとさすがに相手の視界内に入っているんじゃないの?

必勝の作戦があります

非常に危険な状況だが慌てることはない。確実に勝てる戦法があります。とにかく南に逃げて距離をとりましょう。そして敵の部屋の下にある倉庫に入って壁をぶっ壊すのだ。遠距離から射線が通るため無傷で勝てるというわけです。

その場でレーザーを撃ちました

しかし、僕はその場でレーザーを発射した。こんなに敵と接近しても人工暗闇発生装置があれば敵に気づかれないのです。CBMの性能を過信した雑なプレイだなあ。

B棟3階の敵が全滅しました

雑なプレイは毎度のことなので仕方ない。とにもかくにもB棟3階の盗賊を全滅させたので喜ぼうぜ。今後の行動を考えようか。もう少しB棟3階を歩き回ろうかな。それとも4階に上がってみるとかね。

光増幅モードとCBMをオフにしました

今日は姪っ子と遊んだので体力が尽きた。無理して4階には進まずに3階を調べることにします。CBM電力が2000も減っているので満タンにしないといけないしね。

現在の戦場です

最後の盗賊を倒した直後の戦場は上の画像。盗賊が3人しかいなかったので遺品だけではCBM電力を満タンにできない。B棟を歩き回って体内炉にアイテムを入れていきます。武器や木材は多くの電力に変換できるからガンガン体内炉に放り込もうぜ。

工具の置かれた部屋があります

金床や炉が設置されている部屋を見つけました。鋼鉄片なども置いてあるので中世武器のクラフトが可能だ。東のマンションは拠点に向いていると思う。崩壊後の世界でこんなに立派な施設を作るなんて凄い。住人が盗賊でなければ仲間になりたかったな。

燻製ラックが沢山あります

大量に並んだ燻製ラックを見てくれ。この高層マンションは邪悪な盗賊の拠点と思えない。人類復興の拠点と呼ぶにふさわしい建造物になっている。英雄と賞賛された盗賊たちのリーダーは何を考えているのだろう。可能ならば対話をしたいと興味がわいてきました。

ショットガンを発見しました

小さな倉庫に2丁のショットガンが置かれています。CBM電力のために体内炉で消化させてもらうぜ。モスバーグやレミントンは山小屋に腐るほど保管してあるからな。

木箱の中に食料があります

木箱の中に缶詰が収納されていました。俺は乾燥肉を沢山持っているので缶詰など不要だ。まあ貧乏性なので持ち帰ったんですけどね(笑)。缶詰を見ていると崩壊前の世界を思い出して悲しくなります。

B棟3階の探索が終わりました

B棟3階を歩き回ってCBM電力を回復させました。そして上り階段まで移動しておいた。今回のプレイ日記はここで終わりにします。

3階にてゲットした戦利品です

3階の探索で回収した戦利品は上の画像。高層マンションの攻略に不必要なアイテムばかりだ。.40口径のS&Wは持っていなかった気がするので拾ってしまったよ。

現在の所持品と装備品

現在の所持品と装備品は上の画像。UPSが1つ空っぽになっています。屋上に行くまで手持ちのUPSだけでも足りそうだね。たぶん原子力電池と改良型UPSの出番は無いだろう。

現在のタロウ・タナカ

現在の能力値は上の画像。CBM電力は木箱をぶん殴って入手した木材で回復させました。疲労度が増えそうだからやりたくなかったけどなあ。

次回は4階を攻略します

現在の全体マップは上の画像。時刻はPM12:37であり約1時間で3階を制覇したことになる。次回は4階を攻略します。今日は姪っ子と花江夏樹さんのチャンネルを視聴しまくった。男性声優たちがイチャイチャしているホラーゲームのプレイ動画をヘビーローテーションしたんだぜ。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up