この投稿はsteam版「LostTechnology」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

ターン19

LostTechnologyのプレイ日記を始めます。前回はクーニッツ騎士団を滅亡させました。放浪した人材を雇用する予定でしたが、今回はライナルト帝国の人材ユニットを紹介します。

現在のリオン軍

19ターン目は戦闘をしまくった。軍資金を8600ほど残しました。これでジギスヴァルトを雇えたら嬉しいですね。

現在の勢力表

無傷の勝利ばかりだったから総戦力が増えています。次のターンは帝国の主力と交戦することになる。またユニット数が激減するだろう。

前線の地図

ファーブニル竜騎士団は次のターンに滅亡させよう。このターンは人材を雇用して終わりだ。ライナルト帝国から攻め込まれる可能性があるので人材ユニットを紹介します。

アウソニア森北部

それでは帝国の領地を見よう。ライナルト帝国は2都市にユニットを配置しています。そのうちの1つがアウソニアの森北部だ。皇帝アグネスと高レベルの人材ユニットがいる主力部隊です。

アウソニアの森西部

2つめの都市はアウソニアの森西部です。この都市は人材が少ないしユニットのレベルも低い。とはいえ全滅させるとなれば苦労をしそうだ。高レベルの火術師は強いだろうなあ。

アグネス

まずはマスターのアグネスから分析だ。アグネスは能力が低いなあ。レベルが低いのかと思いきや13もあります。術師のHPはこんなものだったか。

皇帝陛下の大号令

マスターの能力はいまひとつだけど必殺技の名前が格好いい。効果は回復力の上昇です。うーん、強いのか弱いのかよく分からない(笑)。

ディートハルト

次は配下の人材を見ましょう。ディートハルトは・・・なんだこいつ強いぞ!?何かの冗談みたいに能力が高い。リーダースキルも豊富だし何者なんだよ。

ファイナルストライク

ディートハルトは必殺技を使います。ファイナルストライクという強そうな名前だが攻撃力はいまいちかな。きっと攻撃範囲が広いのだろう。

カレル

カレルはパッと見た感じ突出した能力がありません。だけどスキルが独特なんだよ。なんとマスケット銃を発射します。

マスケット

カレルのマスケットはリーダースキルじゃないから本人しか使えません。ラルスが復活させた技術をなぜ習得しているのだろう。マスケットのイベントを見れば分かるのかな。

エルザ

エルザは氷雪魔導師です。レベルが高くて笑えるくらい成長している。『アルシア城の戦い』における被害のほとんどは彼女の魔法によるものだった。

アイシクルミサイル

氷術は威力と射程に優れているようだ。1発の威力は低いけど6連射もしやがる。対策がるとしたらMPが尽きたのを見計らって突っ込むくらいか。

スティーグ

スティーグはそんなに強くはないかな。珍しいスキルを持っているから操作すると面白そうです。帝国は強い人材と弱い人材の差が激しい。

撒菱

スティーグは地面に撒菱をばらまきます。この技を何度も使われると一般ユニットがバタバタと倒れていくかもね。

バルドゥル

バルドゥルはNowLoadingの人ですね。彼は優秀な人材だと思われます。敵の後方にこんな奴がいたら全滅するぞ。

ヒートウェイブ

彼は火術のエキスパートだな。火術の威力は各属性の中でもトップクラスでしょう。戦いたくないけど最低2回は交戦する必要があります。

セレスト

次のユニットは風術師のセレストさんです。まだレベルが低いけど高位の魔法を使います。風術師は逃げ足が速いから面倒だ。

移動速度UPⅤ

彼女は移動速度アップのリーダースキルを持っているのか。帝国と戦う時は人材ユニットよりも召喚獣を呼ぶ野犬兵を多めに送るべきかな。

サディアス

サディアスはモブっぽい顔をしているね。リーダースキルは訓練効果アップのみです。普通の騎兵とそんなに変わらないな。

ジャレッド

ジャレッドもモブっぽい顔をしている人材ユニットだ。サディアスと兵種は違うけどスキルはほぼ同じだろう。帝国の人材ユニットは以上になります。次回こそはクーニッツ騎士団の人材ユニットを雇用しようかね。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up