この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

64日目 AM 7:23

Cataclysmのプレイ日記を始めます。ショッピングモールの探索を終えて拠点に戻りました。やることが山積みだから遠征を再開するのは数日後になりそうです。

僕のノルマ

現在のノルマは上の画像。遠征中にやりたいことをメモしていました。後述する理由によりメモ帳に書いたノルマは明日実行するかも。

洗濯が終わっていない

まだゾンビから回収した衣類の洗濯が終わっていません。サッサと終わらせたいけど溜めていた雨水が枯渇しそうです。

武器がボロボロです

ショッピングモールのドアをぶっ壊していたらショットガンと剣がボロボロになりました。これらの武器を修復しないといけないね。ツヴァイヘンダーまで破損したのは驚いたよ。

ライフル(XM34)

拠点の銃器を整理をしていたらレーザー銃が落ちていました!どこで拾ったのかは覚えていません(笑)。残念ながら車載はできないようです。

レーザーショット!

ヒュー!レーザー銃は格好いいなあ。この『XM34』はUPSの電源を70消費して射撃します。電源がゼロになってもUPS互換充電ステーションに置けば充電できるから安心だ。太陽光さえあれば弾薬に困ることはなくなるのです。

UPS

これからはUPSを5~6個持ち歩いてレーザー銃を主力武器にしたい。だけどUPSを大量生産するには多くの部品が必要になります。ショッピングモールの電子機器を全て回収しておくべきだったと後悔している。

サバイバーカーゴパンツ

強くなるのは銃器だけではありません。多くの平板(ケブラー)を持ち帰ったことにより優秀な防具がクラフト可能になりました。拠点の整理が終わったら製作に取りかかりたいですね。

浄水器

浄水器など生活が便利になる道具も作りたい。しばらくは拠点に腰を落ち着けて次の遠征に向けた準備をするつもり・・・だった。

トリフィドの森

マッタリと作業をしている暇は無いと焦っています。拠点の南にある『トリフィドの森』が不穏な動きを見せているのです。なんだか森の地形が増えている気がします(勘違いかもしれない)。

野太刀を装備しよう

トリフィドは世界が崩壊する前に人類が家畜として飼っていた生物です。溜まり場のログによると世界が崩壊した際に狂暴化したらしい。心配になってきたからトリフィドの森へ行って様子を見てこようか。

持って行くアイテム

トリフィドの森に持って行くアイテムは上の画像。焼き払うために火炎瓶を用意したよ。真菌モンスターよりはマシだと書かれていたからパワーアーマーはいらないだろう。

森に着きました

トリフィドが森林を作るだけの生物なら放置しても良かった。だけど奴らには厄介な性質があるのです。仲間を増やす『女王トリフィド』が存在するらしいのだ。早めに叩かないと手遅れになるかもしれません。

この場所を守ってくれ

森から少し離れた場所に最強号を駐車しよう。すでに周囲は敵だらけだな。セバスチャンはここで最強号を守ってくれ。そんなに凶悪な敵ではないから俺1人でも大丈夫さ。

現在地です

現在地は上の画像です。南へ歩いて本拠地であるトリフィドの森を目指そう。トリフィドについて色々と書いたけど間違っていると思います(笑)。詳しく調べる時間が無かったんだよ。

蔦の凶獣

まだ森に入っていないのに蔦の凶獣から襲撃を受けた。こいつはトリフィドではないよな。ゾンビよりも強いのだろうか。

蔦の凶獣を撃破

遠距離からショットガンを2発放って蔦の凶獣を撃破する。隣接して撃てば1発で倒せそうだけど周囲に敵がいるから引きつけるのは無理だ。

トリフィド

ついにトリフィドを発見したぞ。やつらは植物のモンスターだったのね。物騒なことに麻痺性の毒針を持っているそうです。家畜にそんな物がついているなんて世界が崩壊したのが原因なのかね。

真菌殺し

ショットガンの弾丸は温存したいから接近戦を挑むぞ。野太刀でぶった斬ったらアッサリとトリフィドを撃破。喜んだのも束の間、今度は『真菌殺し』が近寄ってきました!

トリフィドを解体します

真菌殺しもそんなに強くはなかった。試しにトリフィドを簡易解体したらカボチャになりました。うーむ、家畜として飼われていたのも理解できるな。

森を歩きます

森の中は障害物だらけで歩きにくいですね。カートを引っ張って探索するのはキツいかもしれない。樹木が視界を遮ってくれるため敵からの襲撃は減ったようです。

女王トリフィド

女王トリフィドを見つけたぞ!せっせと樹木をこしらえていやがる!周囲のタイルが凄い早さで変化しています。処理落ちするんじゃないかと心配になるレベルだ。

現在地です

女王トリフィドはトリフィド達のボスだろう。やつを倒せば全滅するに違いない。しかし、なんだか違和感を覚えるんだよな。現在地はトリフィドの森ではありません。平凡な森林地形だ。

火炎瓶(点火)

女王トリフィドは真菌塔と違って移動をするボスキャラなのだろうか。女王の周囲は敵ばかりで近づくのは危険です。森林を生成する能力で逃げ道を塞がれるかもしれません。遠距離から火炎瓶を投げることにします。

女王トリフィドを撃破

火炎瓶を投げたら凄い勢いで火が燃え広がり始めた!せっせとこしらえていた森林もろとも女王トリフィドが灰になっていきます。炎の勢いが強すぎて俺が焼け死ぬって!

また女王トリフィドだ!

これで討伐は完了かと思いきや再び女王トリフィドを発見しました。女王トリフィドは何体もいるのか?トリフィドの森の中心部には別のボスが存在する!?いったいこの森で何が起きているんだ!!

火炎瓶を投げた!

まごまごしていると敵の集団に囲まれてしまう。2体目の女王トリフィドも火炎瓶で倒すことにします。主人の存在を忘れた家畜に救いの手は差し伸べられないのだよ。神を見失った愚か者の末路がどうなるのかじっくり教えてあげよう。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up