この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

73日目 PM 12:29

Cataclysmのプレイ日記を始めます。もうCBMの移植は充分だろう。今回は拠点に戻る準備をします。遠征に役立つアイテムを回収したいですね。

病院(イーストキングストンの北)

現在地のイーストキングストンは拠点から遠く離れています。もう来ることはないから病院のアイテムを全て回収したい。

折り畳み式カートがありません

あまりにもアイテムが多すぎて全部を車に積むのは無理だ。それに折り畳み式カートを忘れたから拾い集めるのが大変です。どこかでカートを回収できないかなあ。

工具店(イーストキングストン)

病院から少し南に歩くと工具店があります。工具店にはショッピングカートが置いてあると思うんだよなあ。ちょっと調べてみましょう。

本(一般/配管定期検査記録)

質屋の近くで『配管定期検査記録』を拾いました。学習本じゃないのに料理スキルを上げられるのか。レア本がゴミのように放置されていたから驚いた。

ハンドリフト

質屋に到着するもカートは見つからない。店内にはハンドリフトが置かれていました。これにアイテムを入れて持ち運べるんだよな。

積載:250.00L

カーゴキャリア(積荷スペース)にキャスターとハンドルが取り付けてあります。フレームが無くても建造できるんだね。初めてみるタイプの車両だな。

消防署(イーストキングストン近郊北東)

ハンドリフトを引っ張って病院へ戻りましょう。と、その前に消防署に寄ろうかな。この施設に侵入するのは初めてだから調べておきたい。

消防署に到着

消防署には耐火の衣類があるはずだ。すなわちノーメックス製の装備だな。ケブラーよりも回収する機会が少ないからガッツリ回収したい。

消防士ゾンビ

消防士ゾンビを発見しました。戦闘力自体は普通のゾンビと大差なさそうです。彼の衣類に興味があるから力ずくで裸にします。

耐火の装備がいっぱい

消防士ゾンビがノーメックス製の装備を落としました。初めて入手するレアな衣類ばかりで美味しい。この建物にあるアイテムは全て回収するべきだ。

ロッカーを漁ります

消防士さん達のロッカーを漁りまくろうぜ。耐性の優秀なお宝がいっぱい置いてありました。動作制限が高いから解体して素材にします。

消防署から回収したアイテム

消防署から回収したアイテムは上の画像。軍放出品店と消防署を漁れば防具は万全になりそう。ショッピングモールの服屋を探してもここまで優秀な衣類は拾えません。

科学者ゾンビ、放電ゾンビを精密解体

科学者ゾンビや放電ゾンビからはCBMを回収できます。わりと頻繁に遭遇するからCBM自体は簡単に入手できるね。難しいのは麻酔キットとオートドクの確保かな。

頑張って病院を漁った

この後は病院のアイテムを拾い歩きました。あまりに量が多すぎるから途中で諦めたよ。回収したアイテムは上の画像です。

CBMを移植します

今日は疲れたからCBMを移植して終わりにします。空気清浄システムはガスマスクの代わりになりそう。こいつは便利な効果だと思う。

人生寝るのが一番だ

3つのCBMを移植しました。次回は拠点に戻るために出発します。まだ病院には大量のアイテムが置かれているけど拾い集めるのは無理です!

現在のアレキサンダー

現在の生体部品は上の画像。戦闘向きのCBMが無いと泣き言をほざいたが、それなりに満足しています。これで避難センターを目指そうぜ。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up