この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。初心者が書いたので真似をしないでください。目次はこちら

プレイ日記を開始します

Cataclysmのプレイ日記を始めます。今回はプレイヤーとNPCにタイルを対応させます。人間のタイルを変更できれば俺が目指している『着せ替えMOD』はほぼ完成だ。しかし、人間のタイルを変えるなんてどうすりゃいいのかサッパリわからん。

現在の進捗状況です

現在の進捗状況を確認しよう。色々と検証した結果、通常の装備には問題なくタイルを反映できると分かった。tile_config.jsonを使えばオリジナルの装備を作るのは簡単そうです。あとは特殊な事例を検証するだけだ。

現在のW-N_MODフォルダ

Hairs+のようにすればプレイヤーとNPCのタイルを変更できるのかな。つまり変異にタイルを当てはめるのです。ラスアスMODを参考にして試してみよう。『mutation_ordering.json』と『mutations.json』をMODフォルダに加えました。

mutation_ordering.json

mutation_ordering.jsonのコードは上の画像。ラスアスMODのIDを変えただけですね。コードの内容は全く理解できません。"order":100とか何のためにあるんだろう。

mutations.json

mutations.jsonのコードは上の画像。ラスアスMODのIDとnameとdescriptionを変更しただけです。つーか、他のコードは理解できません。すでに完成しているMODをコピペしたのだから成功するはずだ。

現在のnekoneko.png

現在のnekoneko.pngは上の画像です。変異のIDは『my_character_1~3』を当てはめた。『my_character_1』にピンクヘアーの兄貴、『my_character_2』は赤い髪の女の子、『my_character_3』には黒いロボットを対応させます。

現在のtile_config.json

現在のtile_config.jsonは上の画像です。fg14~16が新たに追加した部分だ。『overlay_mutation_』をつければ変異にタイルが反映される(たぶん)。

ゲームを起動させます

作業は以上で終わり。やったことは『mutation_ordering.json』の作成、『mutations.json』の作成、『nekoneko.png』にタイルを追加、『tile_config.json』に...over_mutation_...を書き加えたのみです。

特質が増えています

キャラメイク画面の特質を見てみると?『mutations.json』の『name』が表示されている(キャラクター1、2、3)。これは成功したんじゃないの(笑)。まだ失敗している可能性はあるか。キャラクター1の特質をつけて開始しよう。

プレイヤーのタイルが変わっています

プレイヤーのタイルがキャラクター1(ピンクの兄貴)になっています!やったぞ!着せ替えMODが完成したっぽい!あとはオリジナルのタイルを用意するだけだ!

キャラクター2のタイルにします

念のためにID:my_character2~3のタイルも確かめよう。デバッグモードでキャラクター2の特質を与えます。プレイヤーが赤い髪の女の子になりました(成功)。

キャラクター3のタイルにします

キャラクター3の特質で黒いロボットになりました。tile_config.jsonを使えば人間のタイルすら思いのままですね。やりたいことをキッチリと実現できて良い感じだあ。

特質:キャラクター3

@を押して特質を確認しましょう。よしよし、ちゃんとキャラクター3が表示されています。もうプレイヤーのタイルについては問題ないね。ラスアスMODの作者様に感謝いたします。ありがとうございました。

取消:が上手くいかない

特質が3つ重なるとキャラクター1が優先されます。この辺りの仕様を変える方法は分かりません。自分はコードを理解していないのです。

NPCのタイルも変更できます

NPCを仲間にして装備を外しました。変異を付加すればプレイヤーと同じく容姿の変更が可能だ。やりたいことが叶ったところで今回は終わり。次回はMOD作成の最終回です。レシピ本と電池の装備にタイルを対応させます。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up