この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

122日目 AM 10:01

Cataclysmのプレイ日記を始めます。昨夜は3本目の血清を打ちました。おそらくはエルファの閾値を超えるのに成功したはずだ。ちょっと確認をしてみるね。

現在の血清は6本です

残りの『血清(エルファ)』は6本です。まずは閾値を超えたのかシッカリと確かめておきたい。申し訳ないけどガチャらせてもらうぜ。

ELFA:64

寝起きの身体に血清をぶち込みました。『超短眠』の変異を取得したようです。これは閾変異だよね?無事に閾値超えは達成されたようだぞ。

現在のアレキサンダー

取得した変異は超短眠だけではなかった。なんと『妖精』の変異も付与されています。名前の横にある種族が妖精になっている!?

変異:長短眠

超短眠は『ほぼ眠る必要がない効果』があるそうです。これは『疲労しにくい』という意味かな。もしそうならば真菌との戦いに光明が見えてきます。

変異:妖精

血清の効果で種族が妖精になってしまった。妖精なんて非科学的なものは信じないぞ!と、言い張っても俺自身が妖精を証明する存在になっちゃったあ。

現在の血清は5本です

なんとなくだけど大雨が降っても真菌に勝てる方法を思いつきました。たぶんエルファの閾変異をゲットすればいけます。残りの血清は5本だけか。これで閾変異を狙ってみよう。

とりあえず作業をします

とりあえず日中は農場の建設をしよう。『超短眠』の変異により疲労が緩和されるのか確かめます。昨日は夕方頃に疲れ果ててしまった

木の幹を切り分けます

昨日と同じく木の幹を切り分けます。もうスペースの確保は充分だけど素材を確保したい。柵の素材にする丸太が欲しいのです。

お花は残します

農場予定地にダリアの花があって邪魔だなあ。しかし、この花は破壊しないで残しておこうかな。『お花も生きているのよ』と幼稚園の先生に教えてもらったんだ。

スペースの確保が終わりました

木の幹や藪を切り払ってキレイな更地になりました。そろそろ柵の建設に取りかかろうか。先が長くて気が遠くなるよ。

ここに柵を作りたい

俺の農場は市民農園をモデルにします。まずは端っこから柵を建設していきたい。何の準備もせずに白い柵を設置するのは無理みたいね。まずは『柵柱』を作る必要があるのかな。

柵柱設置の材料と工具

柵柱に必要な工具と素材は上の画像です。穴掘り工具は兵士ゾンビからかっぱらった『塹壕用シャベル』を使おう。材料は尖った棒かウッドスピアになります。

尖った棒

尖った棒は長棒か木材さえあればクラフト可能だ。近くに森があれば無限に作れるでしょう。電動丸鋸で丸太を切り分ければ木材は調達できるからね。

柵柱を設置する

まずは上の画像のように柵柱を設置します。この柵柱が白い柵をの土台になるのです。尖った棒が沢山必要だから手間取ってしまった。1本の柵柱を設置するのに7分くらい掛かったかな。

柵柱を並べていきます

柵柱の設置はほどほどにしておこう。並べすぎると『柵門』を設置する場所が計算できなくなる。柵柱ばかり作ってもつまらないから白い柵を設置するね。

柵設置の材料と工具

農場を動物に荒らされたら大変です。柵を作って野菜や果物を守るべきだな。素材に必要な釘は500個ほど用意しました。500個もあれば余るだろうと思っていたが枯渇して焦ることになります。

柵を設置する

柵柱を設置した場所に『柵』を取り付けます。やっぱり建設コマンドは楽しいなあ。ガンガン柵を設置してテンションを上げていこう。

柵を並べました

白い柵は上の画像みたいに並べて四角形にします。そろそろ柵門の設置をしよう。柵門は4辺の中央に取り付ける予定だ。上手く中央に設置しないと恥をかくぞ。

柵門設置の材料と工具

柵門は四ヶ所に設置をするつもりです。多くの素材が必要だけど気にしないで大丈夫だろう。4つの柵門には名前をつけます。それぞれの名は『朱雀、玄武、白虎』・・・あとは何だっけ。

柵門を設置する

農場の横幅は15タイルになりそうだ。8マス目に柵門を取り付ければ中央になるのです。計算ミスをしていたらごめんね(笑)。

PM9:30で疲労になりました

PM9:30に疲労が『*』になりました。昨日は夕方頃に限界が訪れたから5時間ほど作業時間が延びたことになる。『超短眠』のおかげで疲れにくくなっていますな。

日が暮れてきました

ちょうど日が暮れてきました。今日の作業はここで中断します。避難センターに戻って変異ガチャをしようぜ。

お花を摘みに行ってきます

エルファの血清のせいで俺は妖精になってしまった。服を脱いだ姿を仲間に見られたくありません。お花を摘みに行ってくるからセバスチャンは待っていてね。

ガチャの準備が整いました

さて、変異ガチャの準備が整いました。いくら良性変異をかき集めても真菌との戦いは有利になりません。狙いは閾変異一択なのです。あの閾変異さえゲットできれば勝てるはずだ。

5本の血清があります

『血清(エルファ)』は5本しか残っていないのか。まあ5本もあれば閾変異の獲得は可能です。ただ致命的なマイナス変異を避けたい場合はガチャの回数が増えてしまう。

ELFA:72

こい!閾変異こいよお!ダメだあ。怪しい変異が2つ付与されてしまった。良性変異だから喜ぶべきなのかな。

現在のアレキサンダー

ゲットした変異は『軽骨』と『感覚発達(レベル3)』です。苦痛の値が-5%になっている。変異の効果を確認したらめげずに血清を打ちます。

変異:軽骨

『軽骨』の変異は攻撃と移動の速度が上昇します。それは素晴らしいのだが『所持重量20%低下』はマズいって!真菌との戦闘はどれだけ火炎瓶とナパームを持ち運べるかが重要になります。贅沢を言ったら怒られるかもしれないけど俺にとってはマイナス変異だ。

変異:感覚発達(レベル3)

感覚発達の変異がレベル3に進化しました。感覚の能力値が+4されるなんて凄いよなあ。残念ながら真菌との戦いでは役に立たなそうです。

残りの血清は4本です

残りの血清は4本です。4回もチャレンジできるとはいえ連続で投与するのは危険です。あと2~3回で閾変異が出てくれないと困るんだよ。

ELFA:102

閾変異さえ取得できればガチャ地獄が終わるのに!こい!こい!ああダメだあ。ぜんぜん閾変異が来ないじゃないか!(半ギレ)。

変異:妖精の視界

ガチャりすぎて疲れていた。能力値のキャプチャを忘れました。『妖精の視界』は暗さを感じない効果があるの!?プレイ中はスルーしていたけど強力な変異だぞ。本当に暗さを感じないのならば真菌との戦いは必勝と言える。

葉の生えた皮膚

アレキサンダーの体がさらに人間離れしてきた。緑の髪は『葉の生えた皮膚』によるものですね。光合成により空腹を満たせるようになったのか。それなりに真菌との戦において役に立ちそうだ。

変異:知性発達(レベル1)

知性発達(レベル1)により賢くなりました。説明するまでもないけど書いている人が賢くなったわけではありません。

残りの血清は3本です

残りの血清は3本です。3回チャレンジできるとはいえマイナス変異を拒絶するのなら1本が限界でしょう。次の摂取で閾変異が来ないと終わりだ。閾変異があっても勝てるか分からないのに何でこんなに頑張らなきゃいけないの(泣)。

ELFA:100

本日4本目の血清を摂取したら・・・?ようやく閾変異が来たぞお?他の血清では取得できない、エルファの血清を打ちまくった者だけの特権が来たあ!

現在のアレキサンダー

都合7本目の血清により『病気耐性』と『疲れ知らず』をゲットしました。変異の解説は次回に行います。この投稿は画像枚数が多くなってしまった。

マスクとクロークを身に着けます

もう俺の姿を見て人間だと思う奴はいないだろう。騒ぎが起きないようにマスクとクロークを身に着けるべきだ。もう血清は摂取しません。この変異で決戦に向かいます。

エルファの夢を見る

その夜は真菌の夢を見た。内容は俺が真菌どもを完膚なきまでに叩きのめすというものだ。非常に楽しい時間を満喫できたよ。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up