この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

1日目 時間不明

Cataclysmのプレイ日記を始めます。留学先の学校がゾンビだらけになってしまった。ニューイングランドで何が起きたというのか。とりあえず現在の状況を整理しましょう。

『地』を知ります

現在地はレスターの郊外に建てられた山小屋です(『@』の場所)。ここから北へ進むと『地域運営学校』があるわけだな。学校にいたゾンビを全滅させる自信は無い。北に進むのだけは絶対にやめよう。

東も危険です

山小屋の東には『FEMA避難キャンプ』があります。火炎放射器を装備したゾンビが待ち構えている施設だ。東に進むのも不可能だと言える。山小屋はFEMA避難キャンプから近いのでそのうち見つかって燃やされちゃうかも(泣)。

西はワンチャンありそう

西にはレスターの町があります。最寄りの施設は『大聖堂』みたいね。大聖堂は地下室があるから山小屋よりも拠点に向いていそうだ。今はゾンビを倒せる武装が無いから攻略できません。いずれ西に進まざるを得ない時が来るだろう。

南には森林があります

山小屋の南には森林があります。最序盤の現在は森に進出するべきだよな。このままだと2日後には餓死をするはずだ。森林から食料を調達しつつ山小屋で武装を整えるのがベストな行動だと思う。

女の子にころされます

ひとまず地形の分析はこれで終わり。そろそろ現実を直視しようか。現在の俺は謎の女の子に命を狙われているのだ。いったい彼女は何者なんだよ!女の子が喋っている英語を理解できません!

そろそろ撃たれそうです

言葉の通じない外国人に身の潔白を証明するなんて無理だ。いや、この国では俺の方が外国人だったな。このままではクロスボウを撃たれて殺されてしまう!

『天』を知ります

俺は学校で拾った『置き手紙』を見て山小屋に来たんだよ!悪いことなんて考えていない!『ルック、ディス、ペーパー、アイ、アム、ジャスティス!』。

女の子から殺意が消えた

うーん?無茶苦茶な英語を叫んだら彼女の態度が軟化したようだぞ。床に置いた手紙をまじまじと眺めています。この手紙は彼女と関係のあるアイテムみたいだね。山小屋で誰かと待ち合わせをしていたのかな。

現在地の山小屋です

彼女は手紙を送って何者かと合流する予定だったのです。俺には手紙を受け取る心当たりなどありません。タロウ・タナカは女の子の仲間である誰かさんと勘違いをされたってわけ。

誤解は後でといておこう

騙すつもりは無いのだが誤解をといたら殺されそうだ。信頼をしてもらうまでは黙っておこうぜ。ちょっと山小屋を調べさせてもらおうか。便利なアイテムが落ちているかもしれません。

現在のタロウ・タナカ

『頭』と『口』が凍えている。このままでは風邪を引いてしまうな。最序盤に風邪を引いたら詰みでしょう。頭と口の防寒着を拾えたら嬉しいですね。

現在の装備

ロッカーから回収したスポーツジャージを身に付けました。『胴』と『腕』を保護してくれるから上半身の暖かさは充分だ。ただしサイズが『不適』だから動作制限が高くなっています。

フライパン

それじゃあ山小屋を漁っていこうか。オーブンに『フライパン』が置いてありました。ライターさえあれば肉塊を調理できるぞ。1.00Lの容積があるけど中に水を入れるのは無理みたい。

冷蔵庫は空です

冷蔵庫の中は空でした。缶詰があれば助かったのにな。あとで冷蔵庫を解体しましょう。たしか銅線やゴムホースを回収できたはずだ。

トイレがあります

トイレを発見したぞお。ライターかマッチがあれば飲み水を確保できます。ちゃんと煮沸するから汚くはないよ。お願いですから山小屋にライターが落ちていますように!

寝室があります

寝室にあるのは枕とブランケットだけか。まあベッドを確保できただけでも喜ぶべきだな。野宿しなくても済んだのだから命拾いをしたのである。

外に火鉢があります

なぜか外に火鉢が置いてありました。オーブンがあるとはいえ火鉢を拾えたのは嬉しい。問題はまだ火種が無いということだ(泣)。クラフト画面を調べても着火するツールがありません。

漫画と学習本があります

未回収の学習本を見つけたぞ。学習本の内容は次回の投稿で確認をします。保存食が無いから読書でスキル上げをするのは無理だな。

ガラス瓶のお酒?

500mlのガラス瓶を見つけた。このガラス瓶があれば森林の水源から水を汲めます。中身の『ホースラディッシュ』は酒かと思って捨ててしまった。お酒ではなくワサビだったのね(泣)。

ウィンドブレーカー(不適)

『ウィンドブレーカー』は装備中のスポーツジャージよりも優秀だ。しかしながら、動作制限12は高すぎます。『裁縫セット』を拾えたら着替えられるのに。

アイテムの回収が終わりました

山小屋を物色した後の所持品は上の画像です。結局はマッチやライターを拾えなかった。餓死が現実味を帯びてきましたね。このもどかしいプレッシャーが最高に楽しい!Cataclysmの序盤は面白すぎる!

現在のタロウ・タナカ

『頭』と『口』の暖かさが低すぎる。低体温を患ってしまいました。結局、山小屋で頭と口の衣類を拾えなかった。防寒着は自作するしかありません。

『e』コマンドでカーテンを分解します

防寒を完璧にしたら女の子と話してみよう。カーテンを分解して防寒着を作ります。プレイ日記213~214でやった裁縫スキルと製作スキルを上げるアレですね。

紐、重棒、シーツ、釘

カーテンを分解して『紐、重棒、シーツ、釘』をゲットしました。今回はこの4つのアイテムを全て活用します。まずは『B』コマンドでシーツを分解しよう(布にする)。

ターバン

まずは『頭』の防寒を完璧にしたい。『ターバン』を作れば事が足りるんじゃないかな。ターバンは布さえあれば簡単に作れる難易度の低い頭装備です。

ターバンを製作・装備する

ターバンの暖かさは10です。春のニューイングランドではいささか頼りない数値だ。まだ頭が冷えるようならば2つ3つとターバンをグルグル巻きにしよう。

クーフィーヤ

次は『口』の部位を暖めたい。『クーフィーヤ』は口の暖かさを30も上げてくれます。こいつをクラフトすれば充分だけどやめることにした。タロウ・タナカの目と口はdead_peopleの人間タイルと位置が異なります。装備した際に違和感があるのです。

釣り針

製作スキルを1にして『針(木)』を作ろう。経験値稼ぎは『釣り針』を量産して行います。こいつは釘さえあれば簡単に作成できる。

釣り針は分解可能です

釣り針を解体すると材料の釘に戻ります。素材がまるまると戻ってくるのですね。釘が数個あれば製作スキルを1に上げるのは容易だ。

製作スキルが1に上がりました

釣り針を量産して製作スキルを1に上げました。これで『針(木)』をクラフトできます。針さえ用意すれば作れる衣類が増えます。

針(木)

『針(木)』の素材は裂けた木材だったよな。家具をぶっ壊せばクラフトの準備は整います。意外にも製作の時間が21分36秒と長い。クラフトに失敗したら目も当てられないな。

針(木)を製作する

『針(木)』のクラフトを何度も失敗しちゃったあ。1時間以上、無駄に浪費をしてしまったよ。タロウ・タナカの空腹度が上昇していやがる。

パッチワークスカーフ

裁縫工具(針)を用意したことにより『パッチワークスカーフ』のクラフトが可能になりました。暖かさは20みたいですね。残念ながらクーフィーヤの暖かさ30と比べたら低い。

パッチワークスカーフを製作・装備する

タロウ・タナカにスカーフを装備させよう。スカーフならばアバターにぴったりですね。そろそろ快適な体温を維持できるようになってきたぞ。

現在のタロウ・タナカ

『手』の暖かさが(-24)と低い。グローブを作って装備させましょう。『手』の暖かさを確保したら防寒着のクラフトはいったん終了します。

ハンドラップを量産する

ハンドラップを量産して裁縫スキルを上げよう。欲しい手の装備は裁縫スキルが1にならないと作れないのです。

裁縫スキルが1に上がる

ハンドラップを量産して裁縫スキルが1に上がりました。ハンドラップの動作制限は0と低い。ハンドラップだけ装備しまくるのもアリかもしれない。

ライトグローブ

ようやくライトグローブのクラフトが可能になりました。動作制限が2と低く暖かさは20と高い。ライトグローブを量産することにより裁縫スキルを2に鍛えられます。

ライトグローブを製作・装備する

ライトグローブをクラフトしました。もう防寒着は万全でしょう。天候によっては凍えることもあるだろう。その時はターバンやスカーフを重ね着すればよろしい。

現在のタロウ・タナカ

暖かさの値は問題ありませんね(頭は寒い)。もう少しで製作スキルが2に上がるぞお。はやく槍のクラフトに取り掛かりたいです。

現在の持ち物と装備

防寒着を用意したところで今回は終わり。次回はNPCと会話をしたり学習本のレシピを確認します。

現在の装備

頭の暖かさが10と頼りない。もう1枚くらいターバンを巻いておこうぜ。

『人』を知ります

ようやく女の子と話すことが出来るぞお。まずは名前を聞き出してみよう。名前をたずねる場合はwhatとnameを使えば良いんだよね。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up