この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

36日目 AM 7:49

Cataclysmのプレイ日記を始めます。レスター南地区の制圧が一段落しました。今回からしばらくはクラフトをする予定です。次からは激戦地のレスター中央区を攻略することになる。シッカリと武装を整えて挑もうぜ。

朝飯を拾います

作業をする前に美味しい朝飯を用意しよう。仲間が喜ぶような食事を用意するのはリーダーの責務だからね。地面に転がっている冷えた乾パンを施してやろうぜ。

みんなに乾パンをあげました

みんなで仲良く冷えた乾パンを食べました。乾パンはなかなか家屋に置いていないから貴重なんだぜ。どうせならホットプレートを使って温めれば良かったと罪悪感に苛まれた。

重要なアイテムを整理しました

ここ数日の探索で物資が貯まってきました。今回は上のアイテムを使って作業しようかな。『修復キット(銃整備師用)』は工具としても優秀だ。彫刻と打込のレベルが3ってマジっすか?こいつを拾えばハンマー等が必要ないじゃん。

2つの工具をUPS化しました

まずは電子機器に超人工兵ゾンビから回収したUPS変換キットを取り付けよう。『修復キット(銃整備師用)』と『電動ジャックハンマー』をUPS化しました。これからは電池の消費を気にせずに銃の修復や壁の破壊が実行できるというわけだ。

20"車椅子ホイールを作ります

次はカートに取り付ける『20"車椅子ホイール』をクラフトします。材料はレスター南地区で拾った自転車ホイールになる。カートのタイヤが破壊されるとアイテムの運搬に時間が掛かるから困るんだよ。自転車ホイールは積極的に回収するよう心掛けよう。

20"車椅子ホイールを取り付けました

折り畳み式カートに20"車椅子ホイールを取り付けました。元々付いていたホイールは俺の不注意により壊れてしまったのです。今後は溶接機をカートに入れて探索中に修理します。

修復キット(銃整備師用)を使います

次はレーザー銃の修理をしましょう。修復キット(銃整備師用)を使うと上の選択肢が表示されます。修復以外にも色々と活用できて面白そうだね。

レーザー銃の修復が完了しました

修復キット(銃整備師用)を使いまくってレーザー銃の修理が完了しました。修復した銃の性能を見てみようか。もしかしたら弓よりも強いかもしれない。

ライフル(ARC-314レーザーライフル)

超人兵士ゾンビから回収した『ライフル(ARC-314レーザーライフル)』の性能は射程30、威力50、貫通力10です。弓やクロスボウよりも遙かに優れているよな。このライフルがあれば弓の出番なんて無くなるだろ(笑)。

ハンドガン(NEO-33レーザーピストル)

まあ弓にも優れたところはある。例えば音が小さいとかね。レーザーライフルだけに頼るのはやめておこうぜ。次は超人工兵ゾンビから回収した『ハンドガン(NEO-33レーザーピストル)』を観察してみよう。威力が10しかないのは頼りないね。44マグナムを携帯した方がマシだな。

サブマシンガン(AKRO-388レーザーSMG)

次は昨日手に入れた『サブマシンガン(AKRO-388レーザーSMG)』の性能を見ます。威力20のレーザーを連射するってことなの?フルオートの銃はよく分かりません。ウージーよりも強そうだし対人戦においては活躍するだろう。

CBMを確認します

以上でレーザー銃の考察は終わりだ。次はこれまで回収したCBMを確認するぞ。頭部LEDライトと修復用ナノマシンは便利そうですね。麻酔キットは希少だから全てのCBMを移植するのは無理っぽい。

学習本を読みます

南地区から3冊の学習本を回収していたんだよな。サクッとレシピを確認しちゃいましょう。手持ちの本には無いと思うがバイクラックのレシピを知りたいなあ(泣)。

本(学習/ポケットサバイバルガイド)

まずは『ポケットサバイバルガイド』か確認だ。ほぼ入手済みのレシピばかりだと思われる。『抗真菌薬』のレシピが記載されているのは嬉しいっすねえ。次の探索までに抗真菌薬を作っておきたいです。

本(学習/マウンテンの自伝)

『マウンテンの自伝』はサバイバルスキルを8にするレア本だ。これでサバイバル関係のレシピは一通り判明したんじゃないの。あとでタンポポティーを作ってみましょう。

本(学習/季刊・高性能爆弾)

『季刊・高性能爆弾』はランチャースキルの初心者本です。記載されているレシピは既知のものだ。

現在の学習本です

学習本を読んだ結果は上の画像になった。マウンテンの自伝を読むにはサバイバルスキルが5にならないと無理だ。悲しい事にスキルレベルを5に上げる方法はありません。

芝刈り機を分解します

次は芝刈り機を分解します。芝刈り機から新しい弓の材料をゲットできるのだ。俺が欲しいアイテムは『刃』です。

僕のサバイバーファイティングボウ【W-N_MOD】

リカーブボウの後継として『サバイバーファイティングボウ』を製作します。この弓には面白い特徴がある。弓のくせに打撃10、斬撃18の武器として使えるんだよな。自分が注目しているのは『受け流す:高い防御性能』だ。

どちらの弓か悩みます

サバイバーファイティングボウとリカーブボウの性能は甲乙つけがたい。威力と発射速度はサバイバー(略)の方が優秀、射程距離はリカーブボウが勝っています。弓は射程が重要だから現在装備しているリカーブボウのままでも問題は無いと言える。

弓にMODを付けてみました

サイバーファイティングボウにはMODを取り付けられません。それが唯一にして最大の欠点です。リカーブボウにMODを取り付けると適正射程が30になります。現在装備しているリカーブボウの方が弓としては優秀というわけだな。

サバイバーファイティングボウをクラフトしました

それでも僕はサバイバーファイティングボウを製作しました。やっぱり防御の技術『受け流す』を会得できるのは大きいよ。俺みたいに建物内でも射撃をする弓キチにはサバイバーファイティングボウの方が合っている。

射程は26→22になりました

射程はちょびっと減って22になってしまった。市街戦だったら射程は22もあれば充分でしょう。地下室や上階で戦う場合は確保できる射程なんてせいぜい5です。レスター中央区にあるアパートや公営住宅はこの弓で制圧します。

現在のタロウ・タナカ

今回はサバイバーファイティングボウを製作したところで中断します。現在の能力は上の画像です。製作スキルが8になればリカーブボウよりも強い弓がクラフト可能になる(グレートボウは例外)。

現在の所持品と装備品

現在の所持品と装備品は上の画像です。次回はケモミミのために剣を製作します。レスターの中央区では頻繁に階段を上り下りするだろう。狭い場所で戦うことになるから近接攻撃を担当する仲間が欲しくなった。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up