この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

7日目 PM 10:15

Cataclysmのプレイ日記を始めます。燻製器が調理工具として利用可能だと気づきました。今回は燻製器に充填する炭の製作を目標に頑張ろう。

炭焼窯を設置したい

wikiのFAQを読んで炭の作り方を勉強しようか。どうやら炭焼窯を使えば作成可能らしい。炭焼窯は設置する『家具タイプ』と持ち歩きできる『アイテムタイプ』があります。

石を40個集めよう

アイテムタイプの炭焼窯は持っていません。家具タイプの炭焼窯は石が40個必要みたいね。外に落ちている石をかき集めて家具タイプの炭焼窯を作ります。

埋まった地雷

石を40個も集めるのは大変です。夜は視界が狭まくなるから石集めは明日にしよう。まだ寝るには早いから酒屋に行ってカートを回収しようか。道中にて埋まった地雷を発見。

カートを回収

酒屋にてタイヤが無事なカートを回収しました。カートは2台持っていたいのです。工具収納用とアイテム回収用の2種類に分けたい。

夜は視界が狭い!

試しに外を歩いて石を探すも視界が狭いから無理だった。もう深夜になるし諦めようぜ。

漏斗は1つの容器に注ぐ

玄関に設置した漏斗の様子を見に行きました。どうやら漏斗は1つのガロンジャグしか満たせないようだ。ガロンジャグが満杯になったら他のガロンジャグに注いでくれるかと期待をしていた。

オイルランプの電気を消します

早く朝を迎えて石を拾い集めたい。オイルランプを消して就寝の準備をします。ドレス以外のネグリジェが欲しいな。どこかに服屋は無いだろうか。

眠れません・・・

『$』コマンドを押して寝ようとするも眠れない!隣のセバスチャンは普通に寝ているのに!なぜ眠れないのだろう。武器を装備しているせいかと外してみたけど無理だった(笑)。

アイテムを整理しよう

やることがないので工具類を片方のカートに入れます。アイテムを整理しておかないと置いた場所を忘れるからね。燻製器なんて存在を忘れたまま拠点に放置していたし。

ビニール袋を集める

アイテム整理で時間を潰したけど眠れなかった。食品を包んでいるビニール袋を集めます。ビニールはレインコートのレシピになるのです。

レインコート

俺の愛用しているレインコートはゾンビとの戦いでボロボロだ。ニューイングランドは雨の日が多いから予備を作っておきたい。

レインコート(フィット)を製作

自作のレインコートが完成しました。自分で作ると(フィット)になるんだね。多少は動作制限が下がってくれたかな。

人生寝るのが一番だ

レインコートを作っていたら日付が変わった。ようやく就寝することができました。今日は何軒も店を漁って疲れた。ゆっくり休息を取りましょう。

目が覚めました

十分に休息を取って時間はAM6:00。よーし、炭焼窯を作るために石を集めるぞ。炭は便利な素材です。調理の他にも色々と出来ることが増えるだろう。

おかしな死体を発見

石を40個も集めるのは大変だった。探し歩いていたらシェルター近くの道路に来てしまったよ。すると不審な物体が落ちているのを発見。これは・・・人間の死体だ!

携帯用食器セット

道路脇に8人分の死体、衣類、アイテムが放置されていました。これはゾンビの仕業か?それ以外考えられないよな。つーか、携帯用食器セット(調理レベル2の工具)があったし!

なぜ道路の周りに死体が?

彼らはゾンビに襲われて命を失ったに違いない。だがなぜ道路脇なのだ。上の画像みたいにあっちこっちに死体の塊があった。どれもピッタリ8人分だ。こんな光景は街中でも見られなかったのに。

収集したアイテム

息絶えた人達の遺品を回収しました。何十人もの人間が持っていたアイテムです。役に立つ道具が多いし食料もいっぱい拾えました。革製の衣類も回収しておいたよ。革は貴重だから解体して素材にすると良いそうです(たぶん)。

ボーダーコリー

ホラーな光景を目の当たりにして背筋が寒くなってきた。観光気分で石集めを楽しんでいたのに何てこったい。ボーダーコリーの足は速いですね。飛び道具がないと倒せない。

拠点に帰還する

石を集めて拠点に帰還をする。死体から回収した食料は上の画像。まだ新鮮だし栄養のある食べ物ばかりです。本当に道路で何があったんだろう。

クラフト画面:食料

まあ携帯用食器セットを拾えたのは運が良かった。これで野菜や果物が腐る前に加工することができます。拠点にある食材を缶詰にするのは無理みたいです。調理して食べるのは可能になりました。

現在のアレキサンダー

怖い目にあったけど一気に生活が安定したぞ。次は何をしようか。そろそろ弓作りに挑戦をしようかな。次回は飛び道具をクラフトします。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up