この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

103日目 AM 10:32

Cataclysmのプレイ日記を始めます。これより高層マンションの2階に上がります。敵の盗賊と建物の中で白兵戦を繰り広げることになる。どうやら建物内での白兵戦はクロース・クォーターズ・バトル(CQB)と称するらしい(ウィキペディアより)。

現在地は高層マンションの南東です

現在地は上の画像。高層マンションの地上にいる盗賊は全滅させました。そして地下室に降りて何名か捕虜を発見したのです。

現在の有効な依頼

高層マンションに来たのは西の管理人からクエストを引き受けたからだ。サッサと地下室にいる捕虜を救出して一緒に帰還したい。だが屋上に連れて行かれた捕虜を助けなければいけなくなった。

現在地はB棟の上り階段です

現在の戦場は上の画像。高層マンションはA棟、B棟、C棟の3つの建物がある。俺がいるのはB棟の上り階段です。作戦を閃いたのでB棟から攻略します。

アイテムを整理します

戦闘の準備は完了しているので後は階段を上って2階に行くだけだ。その前に少しアイテムを整理しておきます。『モップ』や『洗濯板』は不要なのでカートに収納したくなった。

アイテム整理をした結果です

アイテム整理が終わった時の所持品と装備品は上の画像。水筒の水を満タンに補充しておきました。まだまだ所持品には不満があるけど、これで2階に突入することにします。

階段の上を覗く『X』

それじゃあ高層マンションB棟の2階に上がりましょう。いきなり階段を上ると殺されるかもしれない。まずは『X』コマンドにて階段の上を覗いてみます。そいっ!(Xと<を押した)。

高層マンション:2階

高層マンションの2階は真っ暗だった。敵の姿は見えませんね。さて、安全に2階を制圧するにはどうするべきか?

高層マンション:1階

『X』コマンドを解除して地上に戻りました。うーむ、照明をオンにしないと敵の姿が見えません。しかし、暗闇で照明をオンにすると盗賊から狙撃される。ここは暗視スコープを活用するしかないね。

光増幅モードをオンにしました

ヘレナの瞳を『赤外線モード』から『光増幅モード』に切り替えたよ。ついでにCBMの超回避システムと積極防御システムも稼働させておいた。これで階段を上ってしまおう。

高層マンション:2階

『<』を押して2階にやって来ました(上の図)。『X』で覗いたわけじゃないから敵に発見されたら攻撃されます。慎重に周囲を見渡しながら歩こうか。

現在の戦場です

現在の視界は上の画像。光増幅モードがオフの時と変わらないね。まあ少しずつ建物の中を歩いていきましょう。建物内での戦いは初めてだから何をすればベストなのかわからない。

北にNPCの姿を発見しました

階段の部屋から出て慎重に進んだところ、北にNPCを発見する。北のNPCから俺の姿は見えないようだ。NPCは侵入者である俺に怒りもせず、馬鹿みたいにぼーっと突っ立っています。

NPC:トンザ, レイダー

北にいるNPCの名前は『トンザ』らしい。トンザは何の武器も装備していません。素手格闘のプロフェッショナルなのかね。歩くのが速そうだから接近されたら終わりだろう。

トンザ, レイダーと和解しました

銃器を持っていない敵は発見しだい狙撃だ。生かしておく理由が無いからな。レーザースナイパーの遠距離狙撃にてトンザと和解しました。

西に3人の敵がいるようです

先ほどのトンザに俺が発見されなかったのは暗闇のおかげだろう。ずっと暗闇にいれば安全なんじゃないの?そんなことを考えながら歩いていたら西に3人のNPCを発見しました。さすがに3対1で戦うのは不利なのでピンチだ。

この時の戦場です

この時の戦場は上の画像。俺からは3人の姿が見えます。しかし、3人のNPCには俺が見えないようだぞ。盗賊に発見されたら『○○は怒った!』というログが表示されます。そのログが表示されていません。

NPC:アイザック・ウッド, ちんぴら

3人組のうち1人は『アイザック・ウッド』です。武器は近接刃物のマチェットみたいね。大口径のライフルではないから殺される心配はないだろう。

NPC:アンドリュー・ウエスト, ちんぴら

3人のうち2人目は『アンドリュー・ウエスト』だ。武器は『尖った鉄筋』なんだってさ。ようするにその辺に落ちていた鉄の棒だろう。可哀想だから俺のハリガンバールを貸してあげたい。

NPC:ディエゴ・リベラ, ちんぴら

3人目のNPCは『デイエゴ・リベラ』という名前だった。武器はフォークスピアなので離れていれば危険はありません。そんなことよりも気になるのは、奴らのいる場所が『明るい』と記述されていることだ。あいつらの部屋には照明があるのか?

3人のちんぴらと和解しました

3人のNPCは俺の姿に気づいていない。そして全員、粗末な近接武器を装備しています。生かしておく理由はないのでレーザースナイパーを連射して和解したよ。これで階段の周辺から敵はいなくなったのか?ちょっと戦場の様子を確認させてください。

現在の全体マップです

現在の全体マップは上の画像。大勢の敵NPCがいるけど、全員を相手にする必要はない。俺はB棟にいる敵NPCだけを倒したいのです。

僕の考えた高層マンションの構造

俺はレスターの西にある高層マンションで何日か過ごしました。西の高層マンションを徘徊した経験から考えるにA棟、B棟、C棟は上の様になっていると思う。B棟は右下の4マスだけという予想だ。

B棟にいると思われるNPCです

B棟2階と予想した右下4マスにいる敵NPCは上の8人だけです。この8人を討伐すればB棟の制圧は完了するのかね。あくまで予想であり8人だけとは断言できないが参考にしようぜ。

赤外線モードに切り替えました

光増幅モードだと画面が緑色になって混乱する。自分が廊下にいるのか部屋の中にいるのか、よくわからないのですよ。近くに敵はいないし光増幅モードをオフにします。

現在の戦場です

光増幅モードをオフにした直後の戦場は上の画像。うーむ、基本的に廊下は暗闇のようだ。そして敵NPCのいる部屋には照明がついている。部屋の照明が廊下に漏れて明るくなっている場所もあるね。

暗闇で敵と遭遇しちゃった

暗い廊下を歩いていれば敵に見つからずに攻略できるだろう。そんなことを考えながらテクテクと歩いていたら敵に発見された!やってしまった!暗闇を歩いていても敵NPCに近づきすぎたら発見されるのだ(当たり前!)。

ハンター・ロジャース, レイダー

暗闇で俺を待ち構えていたNPCは『ハンター・ロジャース』だ。まずいことに『ライフル(.223口径/M4A1)』を装備していやがる。フルオートで連射されたら一瞬でぶっ殺されるぞ!『X』コマンドで壁を覗きながら慎重に歩くべきだった(泣)。

現在の戦場です

レーザースナイパーは発射までに時間が掛かるから近距離の撃ち合いだと負ける。いったん敵の視界外である左斜め下に移動します。その後はどうしようか?もしもハンター・ロジャースが追いかけてきたら撃ち殺される!

南の廊下に逃げました

下手なプレイングだが南の廊下に避難することができた。俺がいる場所は赤い丸の位置です。なぜかハンター・ロジャースが姿を現さない。もしかしたら赤い四角の場所から動いていないのかね。

コンクリートの壁をぶっ壊します

ハンター・ロジャースが待ち構えていた部屋の壁をぶっ壊してみましょう。奴が動いていないのなら壁を壊した後に姿を現すはずだ。しかし、プレイヤーを発見して怒った盗賊が動かないなんて有り得るのか。

レーザーで壁を破壊しました

レーザーでコンクリートの壁を破壊したところ、元の場所から一歩も動くことなく待機しているハンター・ロジャースを発見しました。この戦闘でわかったことがある。安定版0.Dの敵NPCは『プレイヤーが視界外に逃げると追ってこない』のだ。

ハンター・ロジャースと和解しました

ハンター・ロジャースとの距離は10タイル以上あります。そして俺は暗い廊下に立っている。つまり奴の視界外にいるのです。俺は光増幅モードだから敵の姿を確認できます。というわけで一方的に射撃してハンター・ロジャースを撃破しました。

現在の全体マップです

今回のプレイ日記はここで終わりにします。クロース・クォーターズ・バトルの攻略方法を考えながらプレイしていたから疲れた。現在の全体マップは上の画像。まだまだ2階には敵が大勢いるんだぜ。

B棟のNPCは残り7人

B棟に残っていると思われる敵は上の7人。CQBの必勝法は『①暗闇を歩き、暗闇から攻撃する』、『②Xコマンドで慎重に進む』、『③明るいタイルは歩かない』、『④壁を破壊して意地でも敵の視界内には入らない』かな。

現在の所持品と装備品

現在の所持品と装備品は上の画像。UPSの電力は充分にあるので問題ない。鎮痛剤がアスピリンだけなのは不安だな。1階に戻ってケシの鎮痛剤を持って来よう。

現在のタロウ・タナカ

現在の能力値は上の画像。今回は戦術を模索しながらユックリとプレイしたので5体の敵しか倒せなかった。次回の投稿からは余計なキャプチャは控えてペースを上げます。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up