この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

67日目 PM 6:14

Cataclysmのプレイ日記を始めます。現在の時刻はPM6:14になる。今夜中に武装を整えて明日は地域運営学校に行こうと考えていました。事情により地域運営学校の攻略を1日遅らせるかもしれません。

ケモミミの依頼を聞きたい

レスターの制圧が終わった後はNPCの依頼を受領したいと考えていたのだ。チルノちゃんの依頼(マスマックス)は達成したので次はケモミミの番になります。彼には色々とお世話になったので願いを聞いておきたい。

b:何か手伝える事はあるか?

会話コマンドで依頼を受領しましょう。『b:何か手伝える事はあるか?』を選択するとクエストの受領が可能になります。さて、ケモミミ君の願いはどんな内容なのかね。

子犬を探してください

依頼の内容は近所の家に残してきた子犬を探して欲しいというものだった。おいおい!動物の命に関わることなんだからもっと早く教えろよ!レスターの家屋に子犬を置いてきちゃったの?

良いだろう、引き受けたよ

子犬の安否が心配なので依頼を受領しておきます。いつの間に子犬と仲良くなっていやがったんだ。俺は犬派だから一言いってくれれば飼ってやったのになあ。

何か助言をくれないか?

俺はCataclysmでペットを飼ったことがないのでシステムが分からん。ケモミミに助言を聞いておこうぜ。どうやら子犬と仲良くなるアイテムをくれるようです。

ケモミミから『犬笛』を受け取りました

以上の会話でクエストの受領は完了だ。そしてケモミミから『犬笛』を受け取りました。この犬笛を使えば野生の子犬がペットになるの?

犬笛

犬笛の説明文を読んでみましょう。どうやら友好的な犬に命令を出すアイテムみたい。なんだか犬笛だけだと心配だな。だって有効的な犬にしか効果がないんでしょう(あまり理解していなかった)。

現在の有効な依頼

『M』コマンドで有効な依頼を確認しよう。『子犬を探す』という依頼を受領したのか。目標の地点は(47,91)の場所だと書いてあります。地図を見て確かめてみましょう。

家屋(レスター南西地区)

子犬がいる場所は上の画像の『赤い*』です。よりにもよって危険な場所に生成されやがった。目標地点の周辺にはNPCのライアン・サンダースが徘徊しているのだ。

ペットキャリー

とりあえず拠点からペット関係のアイテムをかき集めましょう。『ペットキャリー』を使うと動物を捕獲できるらしい。使用するかどうかは不明だが持っていくことにします。

ドッグフード

他にペット関係のアイテムはないかな?『ドッグフード』は役に立ちそうだよな。犬はドッグフードが大好きだそうです。現地で子犬にあげれば懐いてくれるに違いない。

ドッグフード

俺が持っているドッグフードは町で拾ったものだ。ドッグフードはクラフトするのも可能です。山菜と肉塊が材料になるようだね。定期的に食べさせてあげないと餓死したりするシステムなのかな(不明)。

1人で出発します

以上で出発前の準備は終わり。このクエストは僕ちゃんが1人で行きます。NPCを連れていくとライアン・サンダースに撃たれるかもしれない。足の速いタロウ・タナカだけでサッサと回収するのが得策でしょう。

現在の所持品と装備品

現在の所持品と装備品は上の画像。胴体部位の動作制限は消防士ベルトを脱いで下げます。大型の矢筒は地域運営学校の攻略に必要なのでしばらくは身に付けておきたい。

現在の救急車

救急車の性能は上の画像。1600Lの荷物を降ろすだけで5~6時間はかかるだろう。地域運営学校には明日行くつもりだったけど、明後日に延期します。

平野(レスター近郊南)

自動車は町から離れた平野に駐車しようぜ。ライアン・サンダースは赤い四角の部分にいるはずだ。やつの視界内に入らないように南から目標地点に近づくのです。

レスター近郊南の平野に到着しました

救急車を爆走させてレスター近郊南の平野に到着しました。近くに『ジャーマンシェパード』がいるからまぎらわしい。このジャーマンシェパードが目標の子犬かもしれないと混乱してきた!

*の家屋に到着しました

Cataclysmのクエストは『赤い*』の場所で発生するのだ。というわけで赤い*の家屋にやってきました。この周辺にいたゾンビは皆○しにしたので敵は出現しなかったよ。

この家屋に子犬がいます

上の家屋に子犬がいるはずだ。この場所はケモミミと出会った鉄砲店の近所になります。ケモミミと子犬が出会った時期は不明だけど事情は聞かないようにしておこう。

ラブラドールレトリバー

物音がしないし子犬なんているのかとイライラしていたら見つけた!いきなり視界内にラブラドールレトリバーが現れたなあ。ゾンビ化はしていないようだし、この犬が目標のワンワンなのか?

ラブラドールレトリバー(有効)

ラブラドールレトリーバーには『友好』マークが付いていました。敵ならば『敵対』や『無視』が表示されるはずだ。このラブラドールレトリバーが目標の子犬なのは間違いない。しかし、説明文に『今の状況で飼い慣らすのは難しい』と書かれているのが気になります。

犬笛を吹きました

教えてもらった助言どおり『犬笛』を使ってみよう。犬笛を吹いたらラブラドールレトリバーが大人しくなったぞ。この状態で歩くと犬が僕ちゃんのあとを付いてきます。

また犬笛を吹きました

もう一度、犬笛を吹いてみようぜ。するとラブラドールレトリバーが攻撃態勢を整えました。ゾンビがいたら突撃してくれるってことかな。この状態でも周囲に敵がいなければ僕のあとを付いて来てくれます。

ドッグフードを設置します

なんとなく犬笛の効果が分かったきたぞ。周囲にゾンビがいたら犬笛で大人しくしないと連れ回すのは困難だったろう。ドッグフードは何の効果があるんだろう。子犬に向かってドッグフードを使ってみました。『頭を撫でても怒らない程度には友好的』になったらしい。

子犬に命令できるようになった

ドッグフードをあげたことにより命令が可能になりました!子犬に向かって『e』コマンドを押すと上の選択肢が表示されます(今までは無理だった)。

ペットに命名します

命令の内容は色々とあるけど、簡単そうな選択肢から実行しておこうか。ペットには名前をつけられるようです。ケモミミが子犬を何と呼んでいたのか知らんけど、俺の鶴の一声で『ポチ』と名付けることにした。

位置を入れ替える、ポチを押す

命名したことにより選択肢に『ポチ』の名前が表示されました。『位置の入れ替え』と『ポチを押す』はプレイヤーの移動を邪魔しないためのコマンドだな。『バッグを取り付ける』と子犬に荷物を持たせられるのかな?『ポチと触れ合う』と『係留』は山小屋に戻ってから試します。

ペットキャリーを使います

そろそろ敵対NPCに襲撃されそうで怖くなってきた。はやく子犬を連れて山小屋に戻りたいよ。ペットを自動車に乗せて運搬する方法はいくつかあるようだが、今回は『ペットキャリー』を使用します。

ペットキャリーを使用しました

ペットキャリーを使用すると上の画面になります。この状態で下を押すと子犬の捕獲が可能になるのだね。どんな感じになるのか試してみようぜ。

ペットキャリーに子犬を入れました

ペットキャリーを子犬に使用すると収納できるようです。アイテムとして持ち運びができるみたい。だけど狭そうだし長時間捕獲したままで放置するのは可哀想だ。しかも重量が40kgもあるから運ぶのが大変だぞ。

ペットキャリーを救急車に積みました

歩いて帰るわけにもいかないし狭いペットキャリーの中で我慢してもらおう。ペットキャリーを救急車に積み込んで山小屋へ帰還します。銃器をもったライアン・サンダースとは遭遇せずに任務が完了しました。

山小屋に帰還します

ペットを自動車に乗せる車両設備はいくつか存在するようです。あとで一例を紹介しますね。ペットキャリーなどを使わないで自動車に乗せるのは無理みたい。

犬を山小屋まで運びました

くっそ重いペットキャリーを運びながら山小屋に到着しました。このラブラドールレトリバーが依頼の子犬で良いんだよな?間違っていたら大変なことになるぞ。

クエストを達成しました

子犬をケモミミの近くに移動させて話しかけてみよう。ケモミミが喜んでいるし依頼は達成されたようです。報酬としてスキルを教えてもらおう。本来ならばアイテムを貰えたりもするのだが、ケモミミはアイテムを持っていないので謝礼はスキルオンリーになる。

乱闘、回避スキル、素手格闘スキル

ケモミミから教えて貰える技能は『乱闘、回避スキル、素手格闘スキル』みたいだね。○ち○ち○に関係するようなお礼が無いのは残念だ。回避スキルが向上するのは嬉しいよなあ。一番上に表示されている『乱闘』って何だろう。聞いたことない能力だから気になって仕方がない。

乱闘を教えてもらいます

回避スキルは読書で鍛えられるし乱闘を教えてもらうことにした。ケモミミからの教示は一瞬で終わったよ。乱闘なんてスキルは存在しないので武術だと思われるがどうだろうか。

戦闘スタイルを選択:乱闘

『_』コマンドで武術を確認してみましょう。やはり乱闘は武術だったようです。溜まり場で乱闘の話題を見かけた事がないから弱いんだろうなあ。せっかくケモミミ君が教えてくれたのだし活用してやろうと思っている。

乱闘の詳細『F1』

『F1』を押すと武術の詳細が表示されます。乱闘の効果は上の画像。俺は武術に関して詳しくないけど弱くはないんじゃないの?『カウンター&フェイント&強打』と、それなりに技が揃っているような気がする。

完了した依頼です

素手で戦う機会があるのか不明だけど良いのです。これで仲間2人の願いを叶えてやったわけだな。心残りは無くなったので準備を整えたら地域運営学校に行こうぜ。

動物運搬ゲージ

ペットにした子犬がウロウロ歩き回って心配だ。拠点はアイテムの保管場所だし犬小屋で大人しくしてもらいたい。犬小屋の代わりになりそうな車両設備を調べてみました。上の『動物運搬ゲージ』は動物を収容する事ができます。だが事情により不採用とすることにした。

家畜運搬カーゴ

上の家畜運搬カーゴも動物を収納する設備です。これらを山小屋に車両建造すればペットの犬を収納することが可能になる。しかし、俺のタイルセットだと動物運搬ゲージや家畜運搬カーゴのタイルは『不透明な金属の箱』であり、収納した犬の姿が見えなくなります。狭苦しい金属の箱に入った犬を想像すると心が苦しくなるんだよ。

係留:要ローブ(1.8m)

動物運搬ゲージ等のタイルを開放感のあるタイルに変更しようと試みたが上手くいきません。もう冷たい金属の箱にペットを閉じ込めるしかないと諦めるも、『係留』というコマンドを試していないのに気づきました。1.8mのロープがあれば可能みたいだけど何の効果があるんだろうね。

ペットを係留しました

1.8mのロープ(シートベルト)を用意して係留しました。画像だと分かりにくいけど部屋の中を走り回っていた犬の動きが止まったあ。係留は素晴らしいコマンドだぞお。金属の箱に閉じ込めるよりも開放感があるし、このままにしておこうか。

ラブラドールレトリバー:消極的

係留により何か変化が起きたのか調べてみよう。状態が『友好』から『消極的』に変化しています。友好的な関係だったのが嫌われたってことだよな。狭苦しいペットキャリーに入れたから?それとも係留したのが原因なの?もしかしてお腹が空いているのかな?

ポチと触れ合います

まあドッグフードをあげれば機嫌が良くなるでしょう。最後にポチと遊んで今回のプレイ日記は中断します。ポチに向かって『e』を押して『ポチと触れ合う』を実行です。

少し心が癒やされました

ポチと触れ合って意欲が向上しました。我が家に新しい住人が増えたのかあ。簡単そうな依頼だと侮っていたがペットを飼うことになるとは予想外だった。

現在のタロウ・タナカ

現在の能力値は上の画像。犬が餓死したら怖いのでコツコツとドッグフードを貯めておいた方がいいだろう。これじゃあどっちがご主人様だか分からないんだよなあ。次回は地域運営学校に攻め込む準備をします。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up