この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

67日目 PM 8:25

Cataclysmのプレイ日記を始めます。前回、前々回は仲間の依頼を遂行しました。今回はNPC用の銃器を用意します。近接武器と遠距離武器を持ち替える訓練もしたいですね。

地域運営学校に行く準備です

地域運営学校を攻略する目的は図書館に置いてある学習本の回収です。学校はスタート地点だから、どんな施設なのかは記憶に残っている。画面一杯にゾンビが徘徊していので金属矢、UPS、火炎瓶を大量に用意しておきたい。

ラブラドールレトリバー:消極的

前回拾った子犬の元気が無いので心配です。ドッグフードをクラフトしたいところだが材料の『山菜』が足りません。今後は山菜のために森を探索する必要があるな。町で拾ったドッグフードがあるのでしばらくは大丈夫だろう。

バッグとガスマスクを用意しました

仲間のために猫のバッグ、ウサギのバッグ、ピンクのガスマスクを用意しました。各バッグの性能は軍用リュックサックと同じで収納が20Lあります。これからは銃器をバッグの中に入れてもらって強敵と遭遇したら使用してほしい。

仲間にバッグを渡しました

ケモミミにウサギのバッグ、チルノちゃんには猫のバッグを渡しました。ガスマスクを渡してバッグの中に収納させたいが、俺の環境だとNPCはガスマスクを自動的に装備してくれないのだ。ゆえに仲間のガスマスクはタロウ・タナカが持ち歩いて管理することになる。

ガスマスクを渡す練習をします

近くに煙幕ゾンビがいると仮定してガスマスクを渡してみよう。上の画像のように仲間との距離が離れていても会話は可能です(『Cコマンド』)。隣接していなくてもアイテムの受け渡しが可能なのか実験をするぞ。

g:君がこのアイテムを使ってくれ

仲間に装備品を渡す場合は『g:君がこのアイテムを使ってくれ』を選択します。『g』で押してガスマスクを渡してみますね。ちなみに矢やボルトなど装備品以外のアイテムを渡す場合は『h:このアイテムを持っておいてくれ』を選びます。

チルノちゃんにガスマスクを渡した

1タイル離れたチルノちゃんにガスマスクを渡しました。煙幕ゾンビや膨張ゾンビに襲撃された場合は『C→g』でガスマスクを装備させよう。これでガスマスクに関する訓練は終わりです。

UPSとレーザーライフルを用意した

次は銃器の装備を訓練します。超人系ゾンビから回収したレーザーライフルとUPSを用意しました。地域運営学校にはゾンビの大群が待ち構えているから掩護射撃をしてもらいたい。3人でレーザーライフルを連射すれば制圧は余裕でしょう。

仲間にUPSとライフルを渡しました

2人の仲間にUPSとレーザーライフルを渡しました。あとは戦闘指令で銃器の使用を許可すればよろしい。それでレーザーライフルを装備してくれれば訓練は終わりだ。

銃器と音の出る武器の使用を許可した

戦闘指令で銃器の使用を許可しました。これだけでは足らないので音の出る武器の使用許可も出します。ついでに仲間が射線上にいる場合は撃つなと命令します『f』。うっかりfを許可していると俺が撃ち殺されてしまうからな。

仲間が銃を装備するまで待ちます

音の出る銃器の使用を許可しました。このまま数ターン待機すれば銃器を装備してくれるはず・・・なんだけどちょっと待って!?何分経過しても変化がないぞ?もしかしてUPSを使うレーザー銃は装備してくれないわけ!?

僕が持っているライフル銃です

どうやら0.D安定版だとUPSを使うレーザー銃は装備してくれないみたい。まあ火薬を使うライフル銃の出番が来たので面白くなったと言える。俺が山小屋に貯め込んだライフル銃は上の画像。この中で最強の銃はライフル(.308口径/M60)だろう。しかしながら、M60は弾薬が希少だし威力が過剰なので温存しておきたい。

僕が持っている弾薬です

銃器を選ぶ基準は弾薬の数も重要になる。なるべく装填できる弾薬の数が多い銃を選ぶべきだ。最強の銃を持たせても10発撃って弾切れではお話になりません。

ライフル(.223口径/H&K416A5)

熟慮した結果、2人に持たせる銃器が決まった。候補その①は『ライフル(.223口径/H&K416A5)』です。.223口径のライフルは威力、射程ともに優秀だし弾薬の数も豊富だ。現在所持している.223口径の弾薬は90個あります。

サブマシンガン(9mm/ウージー)

そして候補その②は!『サブマシンガン(9mm/ウージー)』なんだよなあ。ウージーに装填する9mm弾薬は在庫が450個もあります。9mm弾薬は拾える機会が多いけど威力の低さが難点かな。そんな9mm弾薬を実戦レベルまで高める傑作銃がウージーなのである。

ケモミミにウージを渡します

サブマシンガンウージーはケモミミに渡しておきます。ついでに200個の弾薬を持たせました(笑)。本音を書けば2人にライフル(.223口径)を渡したかった。だが同じ口径の銃器を複数人に使わせるのは無理なのです(弾薬が足りない)。

チルノちゃんはライフル(.223口径)です

.223口径ライフルはナオミちゃんに渡しておきます。銃器はよほどのこだわりがない限り色々な口径の銃を使い回していくものだと考えている。例えばハンドガンなら44マグナムを使い切って38口径に変更するとかね。ケモミミやナオミちゃんもいずれ別の銃に変更することになるだろう。

訓練①:銃器と音の出る武器を許可

2人に装備させる銃器が決まった。次は銃を扱う訓練をします。銃器(c)と音の出る武器(d)の使用を許可しますね。手榴弾(e)は何かの間違いで事故る可能性があるから不許可だ。

訓練②:銃に持ち替えろ!

それじゃあ!武器を銃に持ち替えろ!よーし、2人が武器を銃器に持ち替えたようです。まだまだ訓練は半分しか終わっていないから気を抜くなよ。次は銃器を手放して近接武器に変えてもらおう。

訓練③:銃器と音の出る武器を不許可

戦闘指令で銃器と音の出るを不許可にしました。他の項目は『will not...』で固定しておけばいいや(笑)。つーか、許可したら危ない項目ばかりだからな。

訓練④:近接武器を装備しろー!

次は最終試験だぞ!近接武器を装備しろー!2人が武器を近接武器に変えました!よくやった!もう俺が教えることは何も無い。2人は立派な戦士になりました。

もう寝ます

今回のプレイ日記は戦士が誕生したところで中断します。画像の枚数が少ないけど、プレイ時間は長かった(笑)。ライフルに対応する弾薬を確認していたらヘトヘトになったぞ。

人生寝るのが一番だ

就寝しながら今後の事を考えます。NPCがレーザー銃を使えないのは残念だった。だがレーザー銃だけのプレイ日記は面白くないだろうし、これで良かったんだよ。いつかウージーを活躍させたいと思っていたしね。

現在のタロウ・タナカ

現在の能力値は上の画像。目が覚めたら68日目の朝を迎えることになります。地域運営学校の攻略は1日遅らせて69日目に出発しましょう。救急車の積荷スペースが荷物だらけだし決戦を行えるような状態ではない。

次回やりたい事です

仲間に装備させた銃器に『サプレッサー』と『ブラスキャッチャー』を取り付けるべきだ。学習本を読んでサブマシンガンスキルを上げないといけなくなった。次回は地域運営学校に攻め込む最終準備をします。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up