この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

39日目 AM 11:21

Cataclysmのプレイ日記を始めます。拠点の近くに生成された真菌塔へやってきました。周囲は敵だらけなのに汚染された大地から真菌巻髭が生えてきます!どうすれば真菌を殲滅できるというのだ。

真菌塔を撃破

真菌の垣根に転倒させられながらも真菌塔をぶった斬り続ける。やっとの事で真菌塔を撃破しました!ツヴァイヘンダーならやってくれると信じていたぜ!パワーアーマーの電池が切れるんじゃないかとヒヤヒヤしたけどなあ。

真菌ブーマー

真菌塔を倒せば敵は退散するかと思いきやそうではない。真菌ブーマーが楽しそうに襲いかかって来やがった。もう目に映る全てのモンスターを斬り捨てるしかありません。死兵と化して皆殺しにするぞ。

触手に復活をされる

周囲にいる真菌ゾンビや真菌ブーマーはだいたい葬った。だが真菌巻髭だけはどうにもならん!倒したら胞子をまき散らして大地を汚染するし、いくらでも復活するからだ。

火炎瓶

真菌塔は倒したし雑魚敵の数も減った。計画通り火炎瓶を使ってみよう。火炎瓶はマッチなど火種になる物を持っていないと点火できません。使い方がわからず戸惑ってしまったぜ。

火炎瓶を放り投げた

真菌塔の死体にめがけて火炎瓶を投げるぞ。どうやら3×3の範囲しか効果はないようです。おいおい!そんなお嬢ちゃんみたいな火力じゃあ何本投げても足りねえだろうが!

炎が燃え広がる

全ての火炎瓶を投げるためにカートへ戻ろうとしたら炎が一面に拡がりだした!苗床から苗床へ炎が移って汚染された地形が焼き払われていく。

大地が燃えている

真菌どもの断末魔が聞こえてきそうだな。この広大な炎の壁を見てようやく安堵することができた。戦いは俺の勝利に終わったのだ。まだ敵は残っているし汚染された土もあちこちに見られる。これほど炎に弱いと分かれば後は事後処理みたいなものだろう。

苗床(真菌)を焼いてみる

真菌達の本丸は消滅した。あとは汚染された大地を焼いて正常化すれば脅威は消え去ります。苗床に火を放ってみるも根気よく焼かないと浄化されない場所もあるね。

皆殺しにします

オラオラ真菌野郎ども!炎に弱いとは笑わせてくれる。そんな虚弱な遺伝子でよくぞ地球に生まれてこれたものだな!クマムシよりも根性のない雑魚はとっとと消えてしまえ!

真菌塔を簡易解体する

真菌塔の死体を解体しておこう。ゾンビのように復活するとは思えないが念のためだ。パワーアーマーを稼働させたまま解体したら原子力電池が減りまくった。

鍬を持ってきました

汚染は小規模ながらもあちらこちらに点在している。火炎瓶だけでは足らないので『鍬』を持ってきました(拠点に戻った)。これで耕せば土壌の汚染は消え去るのだ。上の画像のように穴を掘るのは効率が悪いから失敗だった。つーか、パワーアーマーを着ながら穴掘りしたら高体温が悪化してきた!

おうちに帰ろうか

つねにパワーアーマーを稼働させるほど原子力電池はないから戦闘時以外は温存していた。高体温で体が酷いことになっています。熱中症が心配だったから帰路は裸で運転をしました。裸になったせいで真菌に感染したら笑い者だな。

ただいまを言いたい

もうアレキサンダーはボロボロだ。色々なところがボロボロなんです。これを書いている俺も(略)。セバスチャンに挨拶をしようか。無事に生きて帰ってこれたよ。人類の敵は全てあの世に送ってきた。

人生寝るのが一番だ

いつまでも裸でいると軽蔑されてしまう。服に着替えて体を休めることにします。なぜか眠りにつけず何度も目が覚めてしまった。眩しくて眠れないらしいけど真菌病の前兆が始まったのか?

目が覚めました

朝を迎えて体調を確認するも健康に思える。どうやら感染は免れたようだけど昨夜の睡眠障害は何か原因があったのか?ああ、車のヘッドライトをつけっ放しにしていたのかも。

現在のアレキサンダー

食事を取って最強号の運転席へ移動した際の能力が上の画像。やっぱりヘッドライトを消し忘れていました!真菌と戦ったらヘトヘトになったよお。次回は真菌塔へ戻って苗床を浄化します。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up