この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

54日目 AM 7:17

Cataclysmのプレイ日記を始めます。拠点の近所にあるジョージタウンを調べ終わりました。今回は拠点へ戻って学習本を読もうかな。車にアイテムを積載し過ぎたから整理したい。

家屋(ジョージタウン)

現在地は上の画像にある家屋です。見てのとおりチョコッと右へ進むと拠点があります。安全な場所だからまたここで一晩を過ごすことになるかもね。

衣類を修復します

まだセバスチャンはベッドで寝ています。起こすのは可哀相だからボロボロになった衣類を修復しておこう。裁縫は時間が掛かるから空いた時間に済ませます。

この時の装備

端切れがないから革製の装備を修復できません。拠点へ戻ったら端切れを積載するべきだ。革製の衣類を補強するのは失敗率が高くて無理でした。

有害廃棄物投棄所

裁縫をしていたらセバスチャンが目覚めたようです。拠点へ戻ろうとしたら変な建物を発見してしまう。ジョージタウンの外れに『有害廃棄物投棄所』がポツンと建設されているぞ。

有害廃棄物(略)に着きました

有害廃棄物投棄所を調べてみましょう。たぶん望遠鏡が無ければ見つからないままだったろうね。あの小屋の中に廃棄物が捨てられているのかな。

IDカード(軍)

恐る恐る小屋に入るも普通の作業道具が置かれているだけです。レアっぽいアイテムは『IDカード(軍)』のみでしたね。何の変哲もない小屋だから落ちている物を回収して出発します。

重すぎて動かせない!

拠点に戻ったらやることが山ほどあるぞ。急いで帰るために爆走をしていたら『重すぎてこのエンジンで最強号を動かせない!』とログで警告されていました。

この時の最強号

この時の積載量やエンジンの出力は上の画像です。もう少し荷物が重かったら車を発進できなかったのだろうか。警告メッセージなんてよっぽどの事だもんね。6気筒エンジンへの交換を検討しないとな。

おうちに着きました

道路を疾走して拠点へ帰還しました!とりあえず積載されている物質を拠点に置きます。カートを引っ張りながら何往復もしたから大変だった!

ちょっと車両を整備します

車両から雨水を汲む際はタンクに隣接しなくても可能です。運転席の横にはタレット台を置きたいから雨水用のタンクを移動させました。ゾンビの侵入に備えてドアを取り付けておいたよ。

武術を学びます

本格的な車両の整備は次回に行います。まずは回収してきた武術本や学習本を読んでしまおう。レアな本があれば今後の予定はガラリと変わるだろうしね。

3つの武術を習得する

テコンドー、五毒門、忍びの極意を習得しました。素手で戦闘はしないだろうから武術は二天一流のままにしておこう。

学習本を読みます

ジョージタウンから回収してきた学習本は6冊あります(上の図)。この中に機械整備スキルを8にする本があれば嬉しいですね。サクッと読んで内容を調べます。

レアな本ばかりだった

欲しかった機械整備スキル8の本がありました!電子工学スキル10の学習本まで拾っていたとはたまげたなあ。どれも役に立つ本ばかりだけど車両整備のために機械整備スキルから鍛えるぞ。

機械整備スキル6→7

機械整備スキルを7に上げました。これだけでも出来ることが増えたはずです。色々と検証をしてみますね。

修復できるパーツが増えた

機械整備スキルが7になると改良型ソーラーパネルを修復できるようになります。いつかは改良パネルを屋根いっぱいに取り付けたい。現在は普通のソーラーパネルをクラフトするのもキツいっす。

クラフト:他:車両

クラフト画面の『車両』を調べるも目新しい制作物は『簡易蒸気エンジン』くらいだった。機械整備スキルを8にすれば増えると期待するも大した違いはなかったです。

機械整備スキル7(46%)

機械整備スキル8を目指してひたすら学習だ。MP3プレイヤーは手軽に意欲を上げられるから便利でした。読書中は音楽を聞きまくっていたよ。

人生寝るのが一番だ

機械整備スキルが8になれば複数のエンジンを搭載できるようになる。車載溶接機なども設置可能になるそうです。時間がかかっても良いから次の遠征を始める前に車両を完璧にしておきたい。

機械整備スキル7→8

機械整備スキルを念願の8に上げました!最強号に改造を施して長距離遠征が可能な車に仕上げます!

V型6気筒エンジン

とりあえずエンジンから手をつけようか。4気筒エンジンだと馬力が心配だし6気筒エンジンを取り付けてしまおう。念のために4気筒エンジンは付けたままにしておきます。

6気筒エンジンを取り付ける

最強号に6気筒エンジンを取り付けました。前述したとおり機械整備スキル8だと複数のエンジンを利用できます。

各エンジンの設定

2つのエンジンはどちらか片方に切り替えられるし両方稼働させるのも可能です。なるべく4気筒エンジンを使うように心がけるけどね(燃費が良い)。

現在の最強号

6気筒エンジンの性能を確認してみます。馬力が段違いに上がったようだね。重い荷物を積んでも安心できるというものだ。車体を大きくしても問題なく動いてくれるだろう。

裁縫スキルを上げます

引き続き車両の整備をしたかったけど深夜だったから疲れていました。今回のプレイ日記は裁縫スキルを上げて終わりにします。

裁縫スキル6→7

裁縫スキルを7に上げました。新しいサバイバー装備が作成可能になっていたら嬉しいです。素材にするケブラーは持っていないけどなあ。

人生寝るのが一番だ

裁縫スキルを鍛えれば修復・補強の成功率が向上します。自分は戦闘をするとすぐに衣類が破損するからありがたい。接近戦は避けるようにするべきだが難しいのです。

裁縫スキル7→8

2日かけて裁縫スキルが8になりました。今回のプレイ日記はここで中断します。次回はタレット台の使い方をマスターしようかな。その前に車体を大きくしておけばレイアウトが楽になるかも。

現在のアレキサンダー

軍用リュックサックのせいで動作制限がひどい。リュックサックを外すために装備品のクラフトもしなくてはいけない。遠征を再開できるのは数日後になりそう。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up