(この投稿はToshiki Mizukoshi様が制作されたスマートフォンアプリ「アンドロイドは人狼の夢を見るか?」のプレイ日記です。毎日更新をします)

ゲームの概要についてはこちらで解説をしております。

俺はくやしがりながらスキップを押している。

瞬介「ううう・・・1日目に吊られちゃった・・・みんなに票をぶちこまれて吊られてしまったんだ!何も悪いことをしていないのに・・・」

潜伏人狼が吊られて騙り占い師は●出しをされてしまった。これはもう『詰み』だろう。いや、まだルパンが1人で頑張っているじゃないか。ここは奴のモミアゲ・ミラクルに期待するしかない。

瞬介「ルパンは誰を噛むつもりなんだろう。対抗のモブキャラ疑いの方針で2日目を過ごすみたいだけど・・・あれ?」

瞬介「ノンケを襲撃する!?やめろ!次に真霊能結果で●が出たら占い師ローラーで負けるぞ!たしか役職の配役は・・・」

真霊能者は有能か。ノンケを襲いたくなる気持ちは分からんでもないが、ここは無理してでも有能噛みしかないだろう!ルパンに命令だ!

瞬介「あ、あれ?ルパンに命令ができない!死んでしまうと仲間と会話ができなくなるのか・・・」

くっそお、やっぱり人間死んだら終わりだ!とりあえず時間を進めてルパンの意見が変わるのに期待をしよう。

瞬介「だめだ・・・ルパンのノンケへ抱く気持ちが変わることはなかった。そして占い結果はヒロイン○でいくのか。これはどうなるんだ?なんとか真占い師の吊りにもっていって次の日に真霊能者を噛めれば・・・いや、ローラーを途中で中断することはしないだろうから、2日目、3日目と占い師を吊って村の勝ちか・・・」

ノンケ噛みを決意したルパンを責めてはいけない。今回の戦犯は1日目に吊られてしまった俺だからな。

瞬介「それではルパンの健闘を見ようとするか。そいっ!」

瞬介「うーん。真霊能が黒を出したから、もう占い師ローラーしかないよなあ」

瞬介「やはり占い吊りの方向だ。しかも疑われているのはルパン。ルパンすまん!!俺のせいだ!!」

これ以上、ルパンが責められる議論を見るのは耐えられない。早く投票画面へ移ってゲームを終わらせてしまおう。

瞬介「ん!?ルパンが生きている!?いや、真占い師が吊られたのか。次にルパンが吊られて終わりだ・・・」

瞬介「ルパンは3日目にリア狂白、リア狂噛みか。次の日は真霊能の結果が出てボロボロにルパンが叩かれるわけか・・・俺のせいで。いやだあああああ見たくなあああい!!」



(この投稿はToshiki Mizukoshi様が制作されたスマートフォンアプリ「アンドロイドは人狼の夢を見るか?」のプレイ日記です。毎日06:00に公開をします)

瞬介「さてと!9人村の最後のゲームを人狼の勝利で飾ろうか!」

9人村における村人側の全役職を担い勝利をすることができた。最後に人狼で勝利をかざり新たなプレイヤーを加えて12人村で遊ぶんだ!

瞬介「結局9人村をプレイし続けても成長しなかったけどね(笑)。そんなんで12人村なんてプレイしたらあれですよ。大変ですよ。さて今日の初日犠牲者は誰かなっと」

おや?今回はリア狂が犠牲になったようだぞ。

リア狂かあ。リア狂は何もしなくても勝手に吊られてくれるから人狼を担当する自分にとっては初日犠牲者になってほしくなかったんだけどな。まあ仕方ない、放って置いても吊られてくれる人柱役なら無能がいるから大丈夫だろう。

瞬介「さて。夜時間に俺を待ち構えてくれる相棒は誰かなっと・・・んん?」

瞬介「相方の人狼は無能かよ!おいこれは負けるぞ!あとのメンバーはやたらと推理が鋭かったり協調性が高いやつらばかりだ!・・・待てよ?」

たしか以前、無能が騙り占い師を担当したときに初手で●出しとか上手いプレイをしていやがったな(俺が●を出されたので無能騙りだと気づけた)。やつは村人だと不信発言を繰り返して嫌われ者になってしまうが、そう簡単に吊りの流れにならない役職者を担当すればトリッキーでテクニカルな動きを期待できるのではないだろうか。

瞬介「ただし・・・問題は・・・」

問題は俺が潜伏人狼を担当した場合、1日目に生き残る難易度が跳ね上がることだ。なんせ1日目の吊り二大候補であるリア狂と無能抜きでAIと信用勝負をするのだからね。

瞬介「しかし前回、ルパンを無駄死にさせてしまった悔しさを味わった俺ならば生き残れるはずだ!自分を信じろ!前回の反省点1『占い師に信用発言をしない』。下手に役職者へ意見を飛ばすと有能達に代表されるような『役職情報重視者』に怪しまれれる可能性がある。反省点2『グレー村人に疑い発言はしない』。村人にとって自分を疑う者は真霊能者以外は人狼だ。前回は無能を疑ってしまったので、吊り候補だったリア狂と票が並んでしまったのである。あのとき疑わなければ無能の票がリア狂へ流れたかもしれない」

反省点はこのくらいでいいだろうか。いや!まだ足りない!

瞬介「反省点3『占い師が2人現れたら真霊能に信頼発言を飛ばす。そして次に投票されなさそうな村人へ信頼発言を飛ばす。行動はこれだけとする』だな。投票の際は投票を集めそうな村人へそっと投票するのだ。二の矢は無い。一撃で仕留めるぞ!」

では俺は狩人を担当する。無能頼むぜ!

瞬介「俺が生き残れば勝てる!絶対に勝てる!AIの頭脳になんて負けない!!こいよ!ゲーム開始だあ!そいっ!」


瞬介「おい!また相方が真占い師から●出しされてるじゃないか!しかも無能は真占い師のモブキャラに○を飛ばすみたいだぞ(笑)。自ら相手が真だと証明したらまずいだろう!」

さすがに自分へ●出しした占い師へ○を出すような行動はしないだろう。それよりもだ。上手いこと無能のCOするタイミングが遅くなっているぞ。ここで●出しされた無能に疑い発言を飛ばすのだ。そして村人から信頼された後に無能は占い師COする。誰からも恨まれず損もせずに信頼を稼げることができるというわけである。『無能を疑います!』」


瞬介「おい無能!!お前はマジでモブキャラに○を出したの!?占い結果が破綻しているやんけ!お、俺はどうすればいいんだ」

破綻した者には投票するしかない。それが村人として正しい行為だからだ。む、無能よ・・・すまん。もう切り捨てるしかないんだよおお!『俺は無能に投票します!』」


瞬介「無能吊りは確定みたいなものだろう・・・。もう1日目にできるのは真霊能を信じるくらいだ。無能・・・すまん。『ヒロインを信用します!』」


瞬介「この後は特にすることはないと思われる。発言をよく見て誰が狩人か見極めなければな。噛み先としては真占い師を噛みたいけど狩人は絶対に真占い師を護衛するだろう。ヒロインは霊能者としての仕事が次の日の朝に終わるから噛む意味は無い。つまり怪しい図を用意すると、こうしたいわけだ」

瞬介「でも・・・これって2日目朝に狩人を噛めなかったら狩人COをされて負けじゃない!?4人のグレーから狩人を見つけろって!?おぉん!?」

諦めては駄目だ。無能の吊りを無駄にしないためにも俺は精一杯戦わなければならない。『スキップ』して情報を集めます!


瞬介「やばい。ほんとうにわかんない(泣)。狩人候補は『ノンケ』、『有能』、『寂しがり屋さん』、『ルパン』でしょ。何か変な行動をしているやつはいないだろうか。うーん、変なやつといえば寂しがり屋さんくらいかなあ。けど寂しがり屋さんは全く発言しないときもあるくらいだから(笑)。みんないつも通りなんだよ!!」

も、もう少し情報を集めよう。『スキップ』だ。


瞬介「ノンケの攻めっ気が強いな。ノンケってこんなに意思表示をする奴だったっけ?やつは初日犠牲者を担当することが多かったので、実はあまり知らない(笑)」

それ以上に狩人に関する情報が足らない。ここは真狩人が裏をかくのを期待して一か八か真占い師を噛みにいきたいけど、それは何だかなあ?と思っているのです。噛みに成功しても『ありえねぇ~』って感じになってしらけるでしょう。だから1日目は占い噛みはないとして狩人以外に何か手はあるのかと考え直すと・・・占い先狙いだとどうなるんだろうか。例えば。

瞬介「ああそうだ。狩人COをされて負けるんだった。論理的に狩人を探し当てて噛むしかない。しかも●を避けながら(泣)。スキップします!」

瞬介「最後のスキップ後は特に何事もなく投票時間となった。投票は無能にするしかない。

瞬介「くっそー!必ず狩人を噛んで逆転してやるから見てろよ-!」

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up