(この投稿はToshiki Mizukoshi様が制作されたスマートフォンアプリ「アンドロイドは人狼の夢を見るか?」のプレイ日記です。毎日更新をします)

12人村をプレイするために3人のプレイヤーを作成します。前回作成した時と同じように、『最大値1を100』、『最小値0.01を1』と表記して「好奇心」は質問回数値、「勤勉性」は役職情報重視値、「外向性」は発言回数値、「協調性」は周りと行動をあわせる値、「情緒不安定性」は発言内容変化値とします。9人村をプレイしてこの表記は適切ではないと疑問がわいてきました。便宜上、前と同じ表記を致します。ご了承ください。

まずは1人目です!出てこいや!!

麻呂


永正16年。唐鏡に祝福された光の子が誕生する。後に東海の覇者となる『麻呂』である。麻呂は明君と呼ばれた父を越える善政を敷き、その威光は同時代の英雄である『甲斐の虎』、『越後の龍』、『相模の獅子』、『美濃の蝮』を凌ぐものであったといわれる。そして永禄3年、麻呂は時の幕府から政権を奪取するために京へと上洛を目指した。通説によると上洛は目指していなかったとか、ただ単に領土拡大が目的だったとか言われているけどたいした問題じゃないよね。どちらにしろ麻呂の領土が広がることにより結局は上洛していただろうし政権も奪取するに違いないのだから。そして麻呂は実戦経験に乏しい若輩武将『松平元康』へ命令を下す。そう、後の日本の歴史を大きく変えることになる戦国史上最も重要な合戦『大高城兵糧入れ』である。松平隊は侵撃を続けて丸根砦を攻略。これにより日の本を統一する英傑の登場が決定的となったのは言うまでもない。連勝につぐ連勝、唐鏡の光に導かれた麻呂は京を目指して突き進んだのであった。人狼ゲームにおける麻呂の能力は他のプレイヤーと比較して高いものとなっている。プレイヤー『有能』にも迫る推理をみせてくれるだろうが諸事情により残念ながら4つまでしか能力を当てはめられなかった。こんな能力に設定してどうなってしまうのか不安だが他の値が優秀なので何とかなるであろう。

2人目のプレイヤー!出てこいや!!

中二病


小学6年生の夏休み。僕はお母さんと一緒にテレビを見ていたんだ。ちょうど『超能力はあるか?』という話題で芸能人が盛り上がっていて東洋気功の専門家という人が不思議な話をし始めた。みんな指先の指紋を見て欲しい。指紋がぐるぐると綺麗な円を作っている指もあれば池の水が流れてしまうように円がまとまっていない指もあるだろう。東洋気功の専門家が言うには指紋が綺麗に円を作っている指からは人の病を治す気を発することができるというのだ!次の日、僕は腕をケガをしたという友達の傷口に向かって円を描いている指をかざした。専門家の解説どおり頭がぼーっとするくらい深く呼吸をして傷口を指差したんだ。すると痛みが和らいだと友達は喜びの声をあげたんだよ!肩が痛いという先生にも同じように気を発すると『肩こりが治った、なぜ?』と騒ぎだして僕は人の病気を治せる超能力者として皆から注目を浴びるようになってしまったんだ。卒業式の頃には僕の真似をする級友もでてきたりして教祖のような存在になってしまったのである。しかし今年の4月に中学へ進学した途端、みんな僕の真似をするのをやめてしまった。部活に打ち込んだり勉強をしたり異性の話題に夢中になったりして僕の気功なんて効果がないと言い出したんだ!世の中には中二病という言葉があり中学生は妄想にふけりやすいという風潮があるけど、僕から言わせてもらえば中学生になって人は大人への階段を登り初めて、夢から目覚めるんだよ。人狼ゲームにおけるプレイヤー『中二病』は発言値が高くなっており自己主張の激しい存在となるだろう。なるべく気功の力は隠したいと考えていたので周りと行動をあわせる値は半々の50くらいが適当であると思う。『効果はあった?あったの?』などと聞かなくても治療能力の自信があったので質問値は低い。役職情報重視値は人狼をちょこっとやった知識しかないので低い。自分の気功には微塵も疑問を持っていなかったので発言内容変化値も低く設定している。

3人目!出てこいや!!

火の鳥


世間には『きのこ・たけのこ論争』というものがあるらしいね。僕は甘い物に目が無いので、きのこもたけのこも両方好きだから論争する人達の気持ちは正直わからない。そんなことよりも『のび太・キテレツ論争』の方で頭がいっぱいなんだよ。キテレツのご先祖様であるキテレツ斎様は世の中を騒がせてはいけないと自らの素晴らしい発明を封印してしまった。先祖をタイムマシンで助けに行ったキテレツはご先祖様を監禁する役人を憎むことになるんだけど、最後はご先祖さまの意思を汲んで自分の力で発明できる人間になるために頑張って勉強を始めるんだ。僕はそのエピソードを知って泣いてしまった。のび太ものび太なりに頑張っているのだろうし、長期連載であるから立派なご先祖様がいたり勉強を頑張るエピソードだってあるかもしれない。だけど僕のなかではキテレツの方がぶっちぎりで上なんだ。最初はキテレツ大百科の登場人物をプレイヤーにしようと思ったけど、こんなに素晴らしい物語の登場人物を吊りだの噛みだのが行われる人狼に登場させるわけにはいかないと反省したのである。だから代役として『火の鳥』に来てもらったのだ。彼(彼女?)はわりと気ままに罰を与えたり苦しめたりする性格だから人狼ゲームを気に入りそうだし、どうやら不老不死のようなので噛まれたり吊られたりしたくらいでは余裕で復活をして許してくれるだろう。何度も人類滅亡・復活を経験しているようだし次の人類滅亡まで暇をもてあましているに違いないとオファーを出したら無事にOKがでたよ。人狼ゲームにおける火の鳥はプレイヤー『有能』のように『発言回数値』と『役職情報値』が高いと強キャラになるのではないかという推測から該当の値が高くなっている。興味がある人間には問いかける場面も見られるので質問回数値も平均より高めだ。理不尽なくらい自分の思想に沿った行動をするので周りと行動をあわせる値は低くなっている。気まぐれみたいに人を助けたり罰を与えたりするので発言内容変化値は予測できない50としておいた。

以上が12人村における新規プレイヤーです。それでは次に今までプレイをしてくれたキャラの雑感になります。

ノンケ


彼は寡黙だけど鋭い推理をするキャラにしようと能力値を設定しました。9人村でのゲームでは正に狙い通りの性格になったと思っていて、潜伏人狼をしていた際には何度も投票宣言をされてしまったよ。寡黙なんだけど協調性が高いためか1日目グレー吊りの候補になることは少なかったと思う。考えていた以上に強敵となってしまった印象があります。

モブキャラ


モブキャラはやっかいなプレイヤーで、どういう行動をするのか全く読めない。バランスの良い発言をするので潜伏狩人で吊られたりすることもなく役職者の場合は村人を先導して人狼になれば上手く立ち回る(有能に見破られてしまったが)という、当初想定していたよりも遥かに強いキャラとなってしまった。生き残りゲームにおいて『普通』なことは強みなのだと、つくづく思い知ったよ。主人公に向いている性格設定値かもね。

ヒロイン


元々、彼女は多数派の動向を知るための指標として作成したのだけど、やたらと信頼発言を飛ばしまくるので発言を参考にするのはやめてしまった。目論見は外れてしまったが、その信頼関係を構築する上手さから吊りを逃れる能力に優れるという個性的なキャラになったと思う。何度も吊りを逃れて狩人GJから村を勝利に導いた村人戦での健闘は素晴らしかったよ。12人村からは狂人と妖狐の役職が加わるけど、頼むから妖狐にはならないで欲しい(笑)。次回からは彼女の名前と一人称を変えます!

リア狂


リア狂は潜伏人狼を割り当てられた際に何度も1日目で吊られているのを見かけたから今後が心配なキャラだよ。役職情報重視値の低い者が発言をすると投票が集まるのだろうか。少しでも議論の核心から外れるような行為をすると吊りの対象に選ばれやすくなるのかもしれない。役職者を担当した際は悪くない行動をしていた記憶があるけどね。12人村では役職が増えるから活躍も増えるだろう。

有能


名前のとおり強いプレイヤーにしたくて能力を設定したんだけど、悪い意味で強くなりすぎてしまったよ(笑)。真占い師が役立たずでも独力で人狼を見つけるという超推理力はどうなっているんだろうね。彼が人狼だったことは無かったと思うので人外での有能も見てみたい。なにげに大好きなキャラです。

無能


無能はリア狂と同じく1日目グレー吊りの筆頭となってしまったね。基本的に寡黙なんだけど協調性の高いノンケとは違い疑い発言を飛ばしたがる傾向があるので嫌われてしまうのかな。だけど僕は特徴的のあるキャラが好きなので毒舌の無能は好きなんだ。次回からは騙り役職が増えるので無能への投票結果から人外を推理できたりできるかもしれない。9人村では皆一致で無能投票だったけどね(笑)。真狩人にならなければ、そこまで足をひっぱらないとは思うんだけど・・・期待しているよ!

恥ずかしがり屋さん


恥ずかしがり屋さんはわりと1日目に吊られていたね。モブキャラとヒロインを足して2で割って悪いところが強調されてしまったという印象だよ。まだ発言傾向が読めないキャラの1人で、騙り人外を担当された際は足下をすくわれてしまうに違いない。発言0で吊られることもあるから素村人だと頼りないかな。僕よりは上だけどね(笑)。

ルパン五世


彼は潜伏が苦手だね。そして役職者になった際も信用で負けてしまうのを良く見かける。協調性が低いというのはかなり不利なんだろうね。だけどなんか憎めないんだよなあ(笑)。きっと敵にまわったり一緒に人狼を担当したことが多かったからだろう。発言内容変化値と役職情報重視値が最大なのはルパンだけなのでAIの傾向を読み解くためにも彼には注目していきたいなあ。

以上!新キャラの紹介と旧キャラの雑感を終了致します!次回は12人村で新しく登場した役職『狂人』を担当してプレイをしたいと考えております。『狂人』、『妖狐』、『占い師』、『霊能者』、『狩人』、『村人』、『人狼』と一周した後に、再度『狂人』、『妖狐』を担当して12人村を締めくくりたいと思います!よろしくお願いします!

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up