この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。毎日更新をします。目次はこちら

2日目(時間不明)

Cataclysmのプレイ日記を始めます。2日目は街を駆けずり回って大変だったよ。日が暮れて暗くなりました。睡眠をとって夜間探索をしようかな。

現在の防具

俺の着ている長袖シャツがボロボロになっている。暗闇だから修繕は出来ない。裁縫スキルも足らないしね。

ドレッサーを漁る

この寝室には大量の衣服があったはず。寝る前に掘り出し物がないか調べようぜ。新品の長袖シャツを見つけました。ダクトテープや懐中電灯も回収しよう。

懐中電灯

初めて拾ったアイテムは『a』を押して効果を確かめます。懐中電灯をつけたらビックリしたあ。暗かった部屋が煌々と照らされたよ。

長袖シャツを装備

懐中電灯は暗い場所で作業をしたい時に役立つかもなあ。新品の長袖シャツに着替えました。(フィット)にしたいときは仕立てキットが必要なんだっけ?

セバスチャンの防具

セバスチャンの防具も確認します。ボロボロの服は着替えさせたい。カーゴパンツ、ドレスシャツ、デニムジャケットが破損しているね。

セバスチャンに服を渡した

新品の服をかき集めてきました。セバスチャンにカーゴパンツ、デニムジャケット、アンダーシャツ、靴下を渡します。ついでにブラジャーもプレゼントしたよ。さて装備はどうなる?

セバスチャンの防具

古いカーゴパンツを捨てて新品を履いたようです。デニムジャケットやアンダーシャツは古い物と重ね着をしている。ブラジャーを装備したってことは気に入ってくれたのかな?動作制限0、暖かさ5の優秀な防具だもんね。

飯を食います

装備の変更はこれで終わり。食事をして寝ます。時間が足らず窓に板を打ちつけることは出来なかった。せっかくハンマーを作ったのになあ。

ここで眠りますか?

ベッドの上で『$』を押します。ゾンビが乱入しないことを願って体を休めよう。それじゃあセバスチャンと一緒に寝るね。NPCも睡眠をとるのかは不明だが。

睡眠中・・・

人生寝るのが一番だ。黄色く変色していた右脚が緑色に戻っていく。きっと傷が回復しているのだろう。俺は足にダメージを負っていたのだ。

3日目(時間不明)

敵から邪魔されることなくグッスリ眠れました。体の傷(?)が全快しています!セバスチャンの咬傷も治っていると良いな。

寝ていいいぞ『b』

暗いうちに質屋へ行ってアイテムを物色したい。部屋の外へ向かうもセバスチャンがついて来てくれません。どうやら寝ているようです。嫌われたくないから叩き起こすのはやめます。

スリングを作りたい

セバスチャンが起きるまで製作をしようか(懐中電灯オン)。スリングを作ろうとするも断念。紐(90cm)を布から作るのは大変だ。カーテンをぶっ壊して3つ拾う方が早い。

セバスチャンが起きました

懐中電灯をつけて部屋を照らしたらセバスチャンが目覚めました(笑)。電化製品は便利だし面白いです。もっと電池を集めて色々と試そう。

現在のセバスチャン

まだセバスチャンの咬傷は完治していません。時間が経てば治るんだよね?心配になってきた。救急箱が欲しいなあ。

質屋へ行こう

ちょっと遠いけど質屋へ向かいます。まずは近場にあるリサイクルセンターのアイテムを全て回収するべきだったと後悔。店の品揃えを確認したい欲求に負けたのです。

ゾンビの死体を漁る

たまにゾンビは優れたアイテムを落とすことがある。2日目に倒したゾンビの死体を漁ったらショットガンを発見!この時は嬉しくて興奮しまくった。やっぱり銃器には憧れます。

汚染肉を燃やす

夕飯を食べるために中断したらセーブするのを忘れました(泣)。セバスチャンにブラジャーを装備させるところからやり直しです。馬鹿なことを2回繰り返すのは苦痛だったよ(泣)。懐中電灯の電池残量と寝室のアイテム配置が若干変わっています。

ゾンビの肉を燃やし終わる

腐った食料からはモンスターが生まれるらしい。杞憂かもしれないけどゾンビの肉を燃やしておきました。今回はここで中断。次回は質屋へ行きます。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up