この投稿は「Cataclysm Dark Days Ahead」のプレイ日記です。目次はこちら

106日目 PM 8:36

Cataclysmのプレイ日記を始めます。今回は救急車に積んだ物資を山小屋に運びましょう。地味なプレイ日記になると思うけどアイテムは車両に積んだままだと役に立たないからなあ。

現在地は山小屋です

現在地はレスターの東にある山小屋だ。クラフトの材料が沢山あるのでアイテムを運びながら適当に武装も強化します。まだ胴体の動作制限が61もあるみたいね。オフ状態のコンバットアーマーは頼りないぜ。

受け流す→ブロックに変えました

救急車からアイテムを降ろす前に説明したいことがあります。僕のビーム薙刀の防御技術を『受け流す』から『ブロック』に戻しました。槍術を活かすために弱体化させたのです。まあ遠距離攻撃が可能な槍に『受け流す』を付けるのは邪道でしょう。最上級の防御技術である『受け流す』は敵と隣接して戦う刀剣にふさわしい。

アイテム整理は途中で諦めた

それでは荷物の運搬を開始しよう。既読の学習本と食料は救急車に積んだままにした。その他のアイテムを山小屋に運ぶことにします。だが、あまりにもアイテムの数が多すぎて運搬は途中で諦めることになった。盗賊のアジトから略奪した物品だけでなく秘匿研究所の戦利品も積荷スペースに入っていやがった。

NPCのためにコーラを積んでおきます

アイテムの運搬を諦めたのでやりたいことをします。タロウ・タナカは『胃弱』の特質があるのでジュースを飲めません。ゆえに今まではジュースを山小屋に放置していた。これからはジュースを高層マンションに貯め込もうと思っている。仲間のNPCにあげたら喜ぶだろうしね。それに茶番のようなRPの材料にもなる。

学生服は救急車に積んでおきます

RM14コンバットアーマーをクラフトしたので学生服が不要になりました。しかしながら、正装したい時もあるだろうし学生服は救急車に積んでおきます。そのうち救急車の中で『○ち○ち○』を出しながら着替える画像を貼り付けると思う。

救急車にガソリンを補充しておきます

拠点と盗賊のアジトを往復していたらガソリンが激減した。貯め込んでおいたガソリンを救急車に補充しておきましょう。バッテリーが0%になった時はガソリンのありがたみを痛感したよ。このゲームは行動範囲が広がる終盤ほどガソリンの需要が増えるのだ。

やることがなくなりました

次は高層マンションに帰還した後の事を考えながらクラフトしようぜ。高層マンションの北には『真菌地帯』があります。厄介なことに真菌地帯の近くには森林があるんだよ。森林は視界が狭いので上手く戦わないと汚染を見逃すだろう。森林ごと真菌人を灰にする火力が必要だ。

火炎瓶

というわけで火炎瓶を量産します。材料のガラス瓶は酒屋から大量に回収してあるのでいくらでも作れる。火炎瓶は強力なアイテムなのに30秒で作れるのは嬉しいね。

火炎瓶を15個作りました

火炎瓶を15個作ったところで面倒くさくなった(総数は23個)。いちいちガラス瓶の中に入っている酒を別の容器に移し替えるのは疲れる。プレイ当時は火炎瓶の数が少ないと不安でした。よく考えてみれば『CBM:火炎放射掌』があるから火炎瓶を増やす必要は無かったな(笑)。

科学者ゾンビからCBMを貰いたい

どうでも良いことをしていたら時刻がPM11:08になっちまった。就寝する前に読みごたえのある作業をしたいね。積荷スペースに収納していた科学者ゾンビに精密解体をしましょう。この科学者ゾンビはミ=ゴと戦っていたところを俺が救出したのです。

CBM:再利用ユニット

俺が欲しいと思っているCBMは『シナプス加速装置』か『指内蔵式ピッキングツール』だ。しかし、ゲットしたのは『CBM:再利用ユニット』でした。こいつは初めて見かけるCBMだなあ。いままで入手したCBMなどほんの一部で、まだまだ未知のCBMが沢山あるのです。

食事や水分補給の頻度が下がります

『CBM:再利用ユニット』の性能は上の画像。食事や水分補給の頻度を下げる効果があるらしい。なかなか優秀なCBMだと思われる。乾燥肉の消費が減るのは助かります。

やることがなくなりました

さっそく『CBM:再利用ユニット』を手動移植しましょう。そろそろ寝ないと昼夜逆転するが、ここで投稿を中断するのは早すぎる。短時間で出来る作業を考えたい。

マンハック(火炎/停止)

タロウ・タナカの世界はロボットのレシピが多い。生存者のバッグから手に入れたマンハックを改造してみようかな。上の『マンハック(火炎/停止)』は真菌との戦闘で活躍しそうだ。しかし、一度起動すると停止できないのはもったいない。もったいないどころか危険すぎて野放しにできないだろう。

EMP手榴弾

ロボットとの戦闘に有効な『EMP手榴弾』を2~3個作っておこうかね。EMP手榴弾が役に立つのは当分先だろうけど暇な時にコツコツと増やしておけば安心できます。

ロボットから原子力電池を回収します

どうせなら改良型EMP手榴弾を作りたい。しかし、改良型EMP手榴弾を作るには電子光学スキルが8も必要です(現在はスキル7)。製作したいアイテムが無いのでクラフトはやめておくね。やることが無いので破壊したロボットの原子力電池を回収します。これからはコンバットアーマーを多用することになる。原子力電池は大量に所持しておきたい。

解体に2時間20分かかりました

2時間20分ほど掛けてロボットを解体しました。1体のロボットから10個の原子力電池が手に入るみたいね。原子力電池が増えるのはすごい嬉しい。改良型UPSに装填すればレーザースナイパーの電力にもなります。

現在の原子力電池は50個+αです

これで現在所持している原子力電池は50個になった。RM14コンバットアーマーに10個装填したから総数は60個になったわけだ。60個ではまだまだ物足りない。アリ塚と強酸アリ塚を攻略する前に80個にはしておきたい。

7個のSDカードを解析します

時刻はAM2:44になった。そろそろ寝ないと本気でヤバいが、SDメモリーカードの解析をします。SDメモリーカードは解析しても収穫がショボい。今回のように暇な時しかやる気にならないのだ。

現在のメニュー画面です

救急車からE-InkタブレットPCを持ってきました。上の画像がメニュー画面になります。写真が92枚、音楽は14曲、そしてレシピが4つある。モンスターは1匹も記録しておらず、暗号化されたSDメモリーカードの解析はコンピュータースキルが足りないため無理みたい。

7枚のSDメモリーカードを解析しました

未解読のSDカードは7枚あります。E-InkタブレットPCを使って解析した結果はまあまあだった。15枚の画像と11曲の新たな音楽、さらに『代用ピーナッツバター』のレシピをゲットしたようだぞ。

代用ピーナッツバター

代用ピーナッツバターのレシピは上の画像。ビーナッツバターを用意しても僕はパンを持っていないんですよ。仲間にピーナッツバターだけ食べさせるのは悲しいよなあ。パンは『穀粉』と『酵母』があれば作れます。あとで救急車に穀粉と酵母を積んでおきましょう。

現在のメニュー画面です

E-InkタブレットPCのメニュー画面は上のようになった。音楽の数が25個になったようだぞ。これって音楽をかけると意欲が25上がるんですかね。もしそうだったら凄いことだぞ。MP3プレーヤーで音楽を聴くと意欲が20上昇します。それを越えることになるからだ。

意欲が25になりました

試しにMP3プレーヤーの電源を切ってE-InkタブレットPCの音楽を聴いてみよう。すると意欲の変動値が20から25に上がりました!E-InkタブレットPCとSDメモリーカードが初めて役に立った(笑)。これからはMP3プレーヤーの代わりにE-InkタブレットPCを持ち歩きましょう。

もう寝ます

時刻がAM3:03になったので寝ることにします。アイテムの整理は捗らなかったけど楽しいプレイだった。起きたら昼頃になっているだろう。そして俺はみんなに朝食を作り、文句を言いながら戦利品を運搬するのさ。

人生寝るのが一番だ

就寝しながら今後の行動を考えます。SDメモリーカードの解析が面白くなってしまった(笑)。コンピュータースキルを上げれば暗号化が解除できるので、さらに楽しめるぞ。だけどコンピュータースキルは捕虜NPCから教えてもらう予定だったんだよね。

現在の所持品と装備品

現在の所持品と装備品は上の画像。MP3プレーヤーは充電器の中に放り込んでおいた。プレイ日記が完結するまで使い続けると思っていたから驚いたよ。

現在のタロウ・タナカ

現在の能力値は上の画像。おそらくタロウ・タナカは武器と防具の強さがカンストしている。RM14コンバットアーマーとレーザースナイパーが最強装備のまま完結するだろう。戦力の増強はCBMの移植でしか成し遂げられない。もう価値の低い物資を拾うのはやめよう。これからは超人系ゾンビを狩りまくろうぜ。

現在のノルマです

高層マンションに戻る前にやっておきたいノルマは上の画像。ブログの記事として面白くなさそうな作業だからウンザリするよ。そろそろケモミミの最終装備を作っちゃおうかなあ。

前のプレイ日記   次のプレイ日記

pick up